美食生活な異文化交流

08123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | CM(-)

この季節が来た!





すっかり晩秋の気配漂う昨今

我が家の食卓も、には登場しえなかった煮込み系料理に移行しつつあります

しっかし、今年は一年の半分くらいが真夏の気候だったから、ずいぶん待ち焦がれた気がするわぁ

そんなサル待望のあったか煮込み料理の一皿がコチラ

16 - 10 - 15 - 0
パスタ・エ・ファジョーリ

パスタとインゲン豆という名前のまんまのイタリアン家庭料理

主役のパスタと豆は、外人の手打ち 母上からもらった 『とら豆』

なんと、ゴージャスな { 贅沢

パスタのプリッと絶妙な歯ごたえ、クセになるよ~~~ { ヨッ パスタ名人

それに、この豆・・・・・いつも使うミックスビーンズやらレッドキドニービーンズやらの缶カンのヤツと、もはや
別次元-----

フワっとお口の中でほどけ、やさしく、かつ、奥の深~い味が広がるのぉ~~~

加えて、このお肉も・・・ただのミンチじゃないですね { スパイシーでものすごく風味が良い

(外) : 「おッ、良く気付いたね。前日から仕込んだスキンレスソーセージだよ」

どおりで、サルシッチャ (←イタリアのソーセージ) 的な味がすると思った { 実は、ソコに一番手がかかってるとは、芸が細かいなぁ外人

ほんとにイタリアの片田舎の町にいるような錯覚をおこすわぁ { マンマ、おかわり

さぁ、今回のワインは、そんなイタリアンな気分に合わせたかのように登場したのです

16 - 10 - 15 - 00
ランゲ ネッビオーロ ペルバッコ 2013

ピエモンテのクラシカルイタリアンワイン

ネッビオーロ100%のその香りは、芳醇なレッドフルーツにローズのような華やかさ

チョコレートというよりもココアパウダー、そして、さらに奥には何かミンティでグリーンな・・・

(外) : 「あっ !!新潟の名物・・・・・・なんだっけ・・・あの団子」

ぬ・・・、笹団子か?!

(外) : 「そう!!それに使われてるヤツ」

おぉ、ヨモギだッ

本当だ、言われてみたらヨモギじゃないかぁ { よく気付いたね、アッパレ外人

薫りだけでも素晴らしく楽しませてくれるワインなのだが、これがまた、豆パスタにサイコーなのよ { やわらかな豆の風味をさらにエレガントに広げてくれる

完全にイタリア~ンな気分を満喫しまくった翌日は、トコロ変わってコチラのお国へ

16 - 10 - 16 - 0
田舎風ポトフ

おフランスの片田舎にとうちゃ~く

黄金に輝くお出汁は前日から仕込んでいたといい、さらに当日、具材とともに煮込むこと、4時間

やさしいのにしっかりコクのあるお出汁に浸かった素材のひとつひとつが各々の持ち味を存分に表現している

このポトフ・・・・・、絶品

こんなに上品美味、かつ、心からまってほんわか安らぐお料理がこの世に存在するなんて { 感涙

もぅ、今年の幸せに過ごせる気しかしない  ←いのはキライだけどぉ







~ガードマン~

ゲスト部屋 (←呼び名を 「物置部屋」 から変えてみたが、もはや 「ネコ さん部屋」 のほうがしっくりくる?!) 入り口にて。

猫タワー中段ボックス上に腰を下ろすネコ さん

16 - 10 - 23 - 1

いや、別に用とか特にないんですけどね { 用がなければ来ちゃダメなの

今日は珍しく、網アミハウス (←写真奥、外人により仕様に) の中じゃないんですね~ { 最近、一日中引きこもってるって噂だったけど

16 - 10 - 23 - 2

ん・・・・

あぁ、そこなら妹 にゃんの動きを察知できるもんね { 最近、この部屋でよくバトルが繰り広げられているものね・・・


{ 不審者 (← ) は近付かせニャい



<ピエモンテ・ネッビオーロ> ←エレガントなクラシックスタイル♪

【6本~送料無料】ランゲ ネッビオーロ ペルバッコ 2013 ヴィエッティ 750ml [赤]Langhe Nebbiolo Perbacco Vietti



【 2016/10/25 (Tue) 】 猫と飯とワイン | Comment(2)
きゃぁ
わりと早い更新間隔でw

すんげええうまそーなポトフ!
日本人の旦那さんに出せば、手抜きと思われる料理上位ランキングですよ
なのになのに、まず素材が萎れてない!!
スープが手作りだと????コンソメキューブじゃないのかぁぁぁ!!
と、驚き倒すことでしょうね

ほんと、そんな手のかかったごはんが毎日食べれるなんて
サルさんはどんなけ幸せなんですかw
サルさんが料理の味をしっかり理解して、しっかり評価してくれてるなんて外人さまも幸せですね
ホンマうらやましいです
【 2016/10/28 】 [ 編集 ]
ぺんぎん さん
そんな甘やかされたら、また調子こいちゃいますよぉ(*´ェ`*)ゞ

今年も、唐辛子イチゴ(木枯らし一号)到来しましたねぇ。。。
冷える夜こそ、煮込み料理ですだヽ( ´¬`)ノ
ぺんぎんさんもご一緒にいかがですか~♪

しっかし、わたくしもポトフがこんなに手の込んだ素晴らしいお料理だなんて、
ついウン年前までは存じ上げなかったでございますよ(☉∀☉)b
そのころの食生活といえば、今では想像できないほど乱れたものでして・・・。
最近まで、味バカ選手権優勝を競うほどだったワタクシの味覚に、果たして外人が信頼をよせているのか・・・
怪しいところではあります( ・3・;)~♪
【 2016/10/30 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。