美食生活な異文化交流

05123456789101112131415161718192021222324252627282930

ナンでこんなにウマイのか!!





麗らかな日差しに誘われ、すっかりサボリ癖の抜けないサルです

日中だらだらと過ごし、夕刻になるとモソっとおもむろに立ち上がり、出かけていくサルとは対照的に、だろうがだろうが昼間っから食の新たな可能性を真摯に追求する外人

夜、サル帰宅時、我が家の扉に近付くにつれ鼻をくすぐるイイ香り~ { 吸い寄せられる

扉を開けると、ソコはインド~~~

16 - 3 - 24 - 0
チキンカレー

ニオイの正体はカレー

インドスタイルのカレー、それ自体はサラッとしているんだけど、コクと深みは
ワールドクラス


イイ感じにスパイシーかつまろやかで、具のトリなんか口ン中でほぐれまくりなやわらかさ { 超絶美味・・・

そして、後ろにコッソリ写ってるのは、外人特製ナン&オムレット

このナンが、ナンじゃコレーーーーーーなウマさ { またグレードアップしてるよ

(外) : 「焼きかたを変えてみたんだよ。あと、素材もグレードアップしてるな」

そう、ナンに欠かせぬヨーグルトはネットリ感がクセになるカスピ海ヨーグルト、塗ったバターはニュージーランド産の黄色い上質バター、かかってるのは伊賀の金ゴマ (←ご訪問先からのお土産、アザッス ) という豪華な顔ぶれ

素材それぞれがしっかり個性を放っていて風味が豊か極まりないが、そもそも焼き加減の絶妙さがあってこそでしょ

もっちり、しっとり、カレーにつけてもちろんウマイが、そのままでも
止まらないウマさだよぉぉぉぉぉぉ { 肥えてまうぅぅ

もう一枚 { 次はオムレット&カレーでまろやかに~






~距離~

サル大好きネコ さん、ふたりでシアワセなひと時を過ごそうと、サルのお膝やお隣にやってくる→それを見た妹 にゃん、忍び足で近付く →背後から飛びかかられ、たまらず退散するネコ さん


という一連の流れが毎度の光景の我が家 { ジャマをせずにはいられない妹 にゃん

のはずなんですが、今日はなんか様子が違う・・・・・

まず、サルのお膝にやってきたのが妹 にゃん { 外人のトコ行かないんだ・・・。

それを見つめていたネコ さん、いつものように退散するかと思いきや・・・・・・・、コッチへ向かって来るではないですか { いつもやられてるからリベンジか?!

そして、軽くジャンプしたと思ったら・・・・・なんと、

サルのお隣に来たぁぁぁぁぁぁ { 自らあえて妹 にゃんのそばに座った

16 - 3 - 22 - 1

そして、目を閉じ、くつろぎモードに { 朝方、サルのお布団に入りに来る時だって、中に妹 にゃんが見えた瞬間、入るのやめちゃう程なのに・・・

どういう心境の変化なんでしょうか・・・・・ { 妹 にゃんに自分から寄り添ってくるなんて、初よねぇ・・・

16 - 3 - 22 - 2

そうか、例え妹 にゃんがいたとしても、この状況ならばジャマされないと判断したワケですね

いつも、妹 にゃんに飛び掛られ、遊ぼうとすれば必ずおもちゃを横取りされ、サルのお膝に乗れば妨害を受け、ずいぶんな仕打ちをされてきましたけれど { なもんで、妹 にゃんがネコ さんに近寄ろうもんなら、犬のような唸り声で牽制して猫パンチ 炸裂

しかし、まさかネコ さんの方から歩み寄る日がこようとは

16 - 3 - 22 - 3

愛おしくて、撫でちゃう~~~ { イイコイイコ

でもね、耳は終始イカってます・・・ { 警戒態勢は崩さず


{ やっぱり落ち着かニャい
【 2016/03/25 (Fri) 】 猫と飯(インド) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!