美食生活な異文化交流

0612345678910111213141516171819202122232425262728293031

大検証!!





やってきました、週末スペシャル~~~

今回は、セールで見つけたお値打ちローヌの赤

お料理と一緒に楽しむテーブルワインにイインでないの

ってことで、さほど特別な期待もせずにオ~プン

16 - 2 - 07 - 00
シャトー・デュ・トリニョン コート・デュ・ローヌ 2013

ボディは重たすぎないライトめのミディアムで、予想通りノーズもパレットも特筆することがない、万人ウケしそうなテーブルワインですね { なんにでも合いそうな感じ

今回は、いかにこのワインがどんなお料理ともイケるのかを大実証 { わ~い

まずは、お肉料理代表といえば・・・・コレ

16 - 2 - 07 - 01
ハンバーグステーキ

これぞ、テッパン肉料理

照りっと輝く外人特製ステーキソースをまとったハンバーグの、
なんとジューシーなことかぁぁぁぁぁぁぁ { 肉汁あふれるッ

チキンブロドー (鶏出汁) 、トマトペースト、ポルトーワインにハンバーグの肉汁、バターで仕上げたというこのソース、ハンバーグの潜在的なウマミを
ますます惹き出すじゃぁないかーーーーー { ワインとの相性バッチリ

付け合せのポテトフライは、旧サル十八番 (←2回くらいしか作ったことないのに・・・) の揚げないポテトフライが、さらに食べやすく細切りカットに

これも、この絶品ソースにつけて食べちゃうもんね~ { やめられない止まらない

ってことで、大検証第一日目、グリル代表のハンバーグの結果は、言わずもがなの { BBQ とかにも合いそうね

続きまして、煮込み料理代表のコチラ

16 - 2 - 07 - 0
栗と鶏肉の醤油煮

なんと、醤油ベースの煮物ですッ

外人の手にかかれば、醤油の煮物ですら、なんだかオシャレ上品な洋風料理に思えてくるから不思議

まず、栗・・・・・・・・うんま { こっくり甘くってクセになる

この栗独特な甘みが、ワインと合う

甘いといえば、驚きの甘みせてくれたのが、母上作:雪下人参

甘みがハンパ無いし、
コレが一番ワインに合ってるんじゃないかっつぅ更なる驚き
{ 双方の風味がまろやかに広がるの

もちろん、サルの大好物・トリさんのやわらかさとウマミといったら、超ド級

というか、やっぱり言われなければ、醤油ベースだと気付かないくらい、洗練されて外人ナイズされているよ { ヨーロッパの田舎の煮込み料理みたい

ワインに合うジャパニーズ煮物なんて想像だにしてなかったケド、またしても食の新しい扉を開いちまったね







~憑依?!~

今日も、窓辺に集まる・・・・・・・・・・・・おや

今日はネコ さんだけ・・・・のようですね { 妹 にゃんがいないなんて、珍しい

さぞ、のびのびと日向ぼっこを満喫中なのでしょぅ

ねぇ、サルもま~ぜて { 久々結成、ぼっこ隊

16 - 2 - 07 - 1

え゛ぇ゛ーーーーーーーーーーー 何そのカオ?!

チョットちょっと・・・・・、アナタ、キュートなお顔が台無しよ・・・・・・・

どこの般若か鬼神が乗り移ったのって顔してたよ { おそろしや

16 - 2 - 07 - 2

えぇッ

たった今、ものすんごいカオしてたっしょや { しらばっくれてる

意識の高いネコ さんだから、油断した表情を見られたのを認めたくないのでしょうが・・・・・ { 証拠写真もバッチリ残ってるよ


{ 肖像権の侵害ニャ



<ローヌ・赤> ←何にでも合わせやすいテーブルワイン (ヴィンテージ違い)♪

シャトー・デュ・トリニョン コート・デュ・ローヌ 2007 750ml Chateau Du Trignon



【 2016/02/08 (Mon) 】 猫と飯とワイン | Comment(2)
あ~ハンバーグとポテトフライが食べたいヾ(≧▽≦)ノ
それに栗を煮込み料理に使うなんて!
美味しそうでヨダレが・・・美味しいに決まってるんだけど♪
以前インド人の方がされてるカレー屋さんに行き、
出されたタンドリーチキンがわからず、
コレ何ですか?って聞いたことがあります(^_^;)
外人さんのタンドリーチキンと違ってもっと乾いて見えたし・・・
それに味もスパイスがきつくて食べづらかった(>_<)
外人さんのタンドリーチキンはどんな味がするんだろう? 食べてみたいなぁ♪

ネコさんはどんな顔をしても美猫さんですよ~(*^_^*)
それに足も長くてスタイルいいもんね(^_-)-☆
【 2016/02/08 】 [ 編集 ]
dori さん
ハンバーグにポテトって、間違いないっすよネO(≧∇≦)O
季節はずれの栗ですが、最近になってその潜在能力(味覚)の高さを再認識!
おやつだけにとどまらず、ご飯やスープ、ニョッキに煮物まで(✪ฺД✪ฺ)
ただひとつ、剥くのが面倒という難点が・・・。。。

確かに、インド料理屋さんのタンドリーチキンってドライなイメージですねぇ。
本場はそんなものなのかもしれないですね~(´O`)
向こうは暑い国で傷みやすいってのもあるから、きっと、スパイスも多様するんでしょうね・・・。
外人のは、ふんわりジューシーで味付けもキツ過ぎず、日本人の味覚にもちょうどいいですよ~♪
外人のインドカレーも絶品なので、ゼヒdoriさんにも味わってほしなぁ(゚ー^*)


あんなカオしても、可愛いって言ってくれるニャ??
ありがとニャ~~~(=TωT=)
【 2016/02/09 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!