美食生活な異文化交流

05123456789101112131415161718192021222324252627282930

一体誰の誕生日だ?





引き続きの、クリスマス・スペシャルで~~~す

と、同時に、本日は我が家のミスター・オールマイティ
外人の生誕祭~~~

昨年は、昼間っからのんだっくれ、あたかも自分の誕生日であるかの如く過ごしてしまったサル

その反省をいかし今年は、「俺の誕生日にはゼヒともその長すぎる髪の毛を切って欲しい」 と数年前から外人に懇願され、果たせずにいた誕生日プレゼント (?) を実現させましょう

(外) : 「もぅ、今さら・・・・・だけどな

あきれる外人を横目に、いってきま~~~っす



~数時間後~

アタマ超かる~~~ぃ { 飛んでいけそぅ~

と、外人のお誕生日に、またしても自分へのご褒美のようにルンルンで帰宅のサル・・・ { つか、明らかに自分が一番んでる

すると、すでに宴のテーブルがセットされているよ~

15 - 12 - 25 - 00
シャトー ランシュ ムサス 2000

そうです、コチラが昨夜からあいてる、ハイグレード・ボルドー

メドック・ポイヤックのグラン・クリュ・クラッセ第5級に格付けされているシャトーの
グレート・ヴィンテージ


いやぁ、さすがに伝統的なボルドーの風格を漂わせるたたずまいでございますね
{ 褐色の色合いも、およそ16年の時を感じさせる

グラスからは、疑いなく、「これぞボルドーという優雅な薫りがたつ

熟したベリーやらチェリーやら、パプリカっぽいグリーンな雰囲気もあるし、奥のほうにフェンネル・・・、
それにコレって、藁っぽい


(外) : 「そうだね、納屋だね」

パレットはダークチョコレートにブラックラズベリー、やっぱりチェリーがくる。

やわらかなタンニンに果実味は軽め、酸味はワインを妨害するほどではないケド、まぁまぁありますね

昨日のホロホロが好相性だったのが頷けるエレガントさ漂うこのワイン、やっぱりメインディッシュもエレガント { うっとり

というワケで、例の如く、外人は自らの誕生日にすらも腕を振るうのでございます

15 - 12 - 25 - 0
仔牛のロースト ビーツのソース

クリスマスにふさわしい真っ赤なソースは、なんと、ビーツ

繊細でほのかな甘さが、仔牛のやわらかな風味にマッチ~ { お上品

さらにさらに、今日のワインとも格別

昨日は、肉食獣のようにホロホロ一羽を貪り食ったわけですが、本日はお誕生日の席ですし、ステキなワインと共にエレガントにいただきましょう

な~んて思ってたんだけど、最後は結局、手づかみのダイレクトかぶりつきで、骨までしゃぶりつく  お約束でしょ

ま、美味いものにはルールなんて要らないっつぅことで・・・

今年も結局、外人生誕祭の恩恵にあずかるサルなのでした { えへへ






~プレゼントは~

遅めの朝ごはんを召し上がるネコ さん

一方、早々に食べ終えた仔猫 ちゃんは、サルの雑然としたテーブルを散策中

15 - 12 - 25 - 1

ジャマされるのがイヤで、基本、仔猫 ちゃんが活動してるときはご飯に没頭できないみたいなんですが { 気が気じゃないのよねぇ

珍しくがっついてるのは、仔猫 ちゃんの興味が別のところにあるからなのかしら

15 - 12 - 25 - 2

・・・と言ってたら、目視確認 { 近くにいるのに気付かなかっただけ・・・とか

15 - 12 - 25 - 3

クリスマスの朝だから、プレゼントでも探してるんじゃないの・・・


{ コッチ来ないニャら、何でもいいケドね



<格付け第五級> ←グレート・ヴィンテージまさしく飲み頃♪

■シャトー ランシュ ムサス[2000](750ML)赤 CHATEAU LYNCH-MOUSSAS[2000]【出荷:7~10日後】



【 2015/12/25 (Fri) 】 猫と飯とワイン | Comment(2)
おおお!
お誕生日おめでとうございます!

自分の誕生日に、愛する相方さんをより美しくするとは!
愛に満ち溢れてますやん!!
【 2015/12/26 】 [ 編集 ]
ぺんぎん さん
アザ━━━ ┏○ ━━━ッス!!

いえね、世界ビックリ人間コンテストに出れるんじゃないかってホドの長髪だったもんで・・・(;´▽`A``
しかも、数年越しのリクエストをやっと聞いたっていう(; ̄ー ̄川
なもんで、「次は10年後か?いっそのこと坊主にしてこい」っていわれる始末~
【 2015/12/27 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!