美食生活な異文化交流

05123456789101112131415161718192021222324252627282930

まだまだ進化は止まらない





寒くなってくると、必然的に増えてくるのが、外人の出汁をとる回数 { 煮込みやらスープやら

それに比例して登場回数が増えるのが

麺や GAIJIN

外人の中で、ダントツ1位なラーメンが、余計な風味にジャマされることなく、出汁の深みをそのままに味わえる 「塩」 なのだが、
今回はサルの幼少時代からの大好物、いわばサルのルーツでもある
「醤油」 を、昔ながらの懐かしスタイルで作ってくれたの~~~

15 - 10 - 29 - 0
中華そば

鶏ガラ出汁に上品な魚介の風味香る、風味豊かで全くクドさの無い、
やさしいス~~~プ { 温かい気持ちになるわぁ

まろやかでやわらかい甘みと、包み込まれるような深~~~いコク は、出汁外人マジックのなせるワザ

そんなやわらかな風味を壊さぬようにという配慮なのか、今回は脂の多いチャーシューではなく、トリムネ { ヘルスィ~

素朴でやさしいスープに、さっぱりトリって大正解 { 繊細な味をジャマしないの

しかも、このトリ、やわらかさハンパねぇ~~~ { ホロホロと繊維がほどけるぅぅぅぅ

そして、いつものように外人お手製の麺なのだが、今回のはいつもよりさらにコシがあってウマイ { またまたバージョンアップした

こんなウマイ麺作られちゃ、
一杯では歯止めがきかんよ~~~ { 3玉ぐらいほしいぃ









~それぞれの苦手分野~

前々回よりお送りしてまいりました、ネコ さんの一大イベント

入浴シーン

いよいよ、感動 (?) 最終回でございます


大嫌いなシャワーですすがれるネコ さん

ドア越しで見守るサルに、渾身の声で助けを求める { ドアに手ぇついて叫んでる・・・

(外) : 「よし、終了!!」

外人の掛け声と共に扉が開いた

すかさず、サルがネコ さんをタオルに包み込む { 流れるような連携プレー

15 - 10 - 29 - 1

うん、頑張った頑張った { お疲れさん

さぁ、キレイになったから、次はサルが乾かす番ですよ~

乾かす・・・と言えば、ひと足先にお風呂に入った仔猫 ちゃんを乾かすのは、エライ苦労だったわ { 何度も逃走してさぁ

それに比べて、あなたは腕の中でおとなしくしてくれて助かるわぁ

15 - 10 - 29 - 2

とは言ってもね、お風呂自体は仔猫 ちゃんの方がおとなしく入ったのよぉ { お姉さん風吹かせてるケド

だから、外人的には、仔猫 ちゃんの方がず~っとラクだったみたい

15 - 10 - 29 - 3

えぇっと、つまり、仔猫 ちゃんはお外出身だから、水に慣れてる・・・とか、そういうコト


{ アタシは、上から落ちてくる水に免疫がないのニャ
【 2015/10/29 (Thu) 】 猫と飯(ラーメン) | Comment(4)
ねこさん、ほんとにがんばりました!
野太い声も出して、姉の威厳を見せつけたもんね~ww
これでしばらくはお風呂ナシだよ☆ヤッタネ☆☆

今晩はちょいと冷え込んでます
こういう日こそ、あったかい麺類なんですよ!
今すぐ、そのスープだけでも、わけていただきたし!
【 2015/10/30 】 [ 編集 ]
ぴろ さん
そうか!!
アレは、姉の威厳を見せ付けるためだったのかぁーーー(☉∀☉)
お風呂後、2~3日はシルクのような毛並みだったネコさんですが、
そろそろ、普通になってきた・・・(=゚ω゚=;)
ま、春まではお風呂ナシだけどね~。。。

そう、こんな日こそ、温かいスープに浸かりたいd(・ω・*)
ぴろさんも、麺とともに遊泳しませんか?!
【 2015/10/30 】 [ 編集 ]
『麺や GAIJIN』店名も決まって
スープの種類もふえて、あとは開店待つのみです。
待ってます!

ネコさんも仔猫ちゃんも頑張りました。
そしてなにより、外人さんとサルさんもお疲れさまでした。
案外、ネコ入浴は疲れる業務ですもんね
人間様も、風邪ひかないようにね
【 2015/10/30 】 [ 編集 ]
ぺんぎん さん
チェーン展開っすね♪
一号店はどこがいいかなぁ((¬ー¬)
メニューの主軸はもちろん、「塩」!!
坦々麺も外せないなぁ・・・。
おっと忘れちゃいけねぇ、つけ麺も・・・・・(~ヘ~;)ウーン

実は、お風呂掃除からお湯をはるのも猫たちのシャンプーも、
何から何まで外人がテキパキやってくれました(゚ー゚;A
私は、乾かしただけ・・・っていう。。。ん?想像通り??
【 2015/10/31 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!