美食生活な異文化交流

0612345678910111213141516171819202122232425262728293031

驚愕のあわせワザ!!





数ヶ月前、ボルドー世紀のグレート・ヴィンテージかつグレートネームも手伝って、おおいに期待しつつあけた結果、残念なことになってしまったワインがありました

今回もしばらくキープしていた、全く同じヴィンテージで、生産地も同じ 『メドック』 、さらにブルジョワ級ってとこまで一緒なボルドーワインをオープン

さぁ、今度はどうかなぁ

15 - 8 - 23 - 00
シャトー・グリヴィエール 2005

香りは、ボルドーらしさが出ていて、サル好み

森林のようなアーシー感、ブルーベリーの香りにバランスの良い酸味。

鉄錆が味覚の大部分を占める中、アルコールの風味も若干強めなミディアムフィニッシュ。

カジュアルボルドーワインで、前回のメドックよりはベターな印象

とは言え、ピークは過ぎた感じで、フルーティネスはそれほど感じられない。

グレート・ヴィンテージと言えども、これはキープではなくて即飲みを強くオススメします


さて、そんな王道ボルドーに合わせてくるのは、やっぱり王道か?!

と思いきや、ちょっとビックリな一皿が登場したよ~

15 - 8 - 23 - 0
豚の角煮 フレンチスタイル

角煮なのにフレンチって、どぉゆぅことぉ~~~

和の角煮と明らかに違うのは、そのお出汁

フレンチのチキン出汁で煮込まれた後、風味の柔らかい和の二番出汁で再度煮込まれ、玉ねぎで甘みが加わる 手の込みよう { 繊細な味だ

素材も大根、ネギで和を演出しているのだが、煮物のような醤油くささが無い。

さらに、角煮には定番の和がらし・・・の代わりにフレンチのディジョンマスタード、ご飯ではなくパンと共にいただきます

まさしく、和とフレンチの融合、パーフェクト・フュージョン

そして、なにより驚きなのが、この飯、ボルドーに激合うんですぅ { なんと言うことでしょう

大根にワインが合うなんて・・・・驚愕

今宵も、食の新しい扉を開いちゃった外人なのでありました






~見張り~

今日も紙袋の上、ビニール袋の横にてポーズを決めるネコ さん。

15 - 8 - 23 - 1

安全ねぇ・・・・・

アナタが袋いじめてる張本人だお思うのですが { グシャッとしてみたり、かじってみたり

15 - 8 - 23 - 2

さっき見たら、袋に穴あいてたケド・・・ { 異常大アリじゃないっすか?!

それよりその座り方・・・・、ちょっとカワイイかも


{ 真似ッコしていいニャよ



<ボルドー 2005 赤> ←飲むならお早めに♪

A.O.C.メドック/シャトー・グリヴィエール 赤2005年 クリュ・ブルジョワ 750ml1本【643244】



【 2015/08/23 (Sun) 】 猫と飯(オリジナル) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!