美食生活な異文化交流

0412345678910111213141516171819202122232425262728293031

遅ればせながら





サルにしては多忙であった激動の先週末

記事を更新する間もなく飛び回っておりました  ←ダラダラ漫画を読む時間はあれど

とは言え、チョットやソットでは恒例週末スペシャルは見送りません

なもんで、少し遅くなりましたが、週末スペシャルのレポートです

15 - 6 - 22 - 00
ヴィーノ ノービレ ディ モンテプルチアーノ 2011

イタリアの代表的なワインの名産地・トスカーナの赤ワイン

使われているのが、「プルニョーロ ジェンティーレ」 って聞きなれない葡萄 だけど、実はコレ、トスカーナを代表する葡萄 「サンジョヴェーゼ」 の亜種なんだとか { ほぼ同種

「サンジョヴェーゼ」 といえば、キャンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノといった高級ワインを産出するだけあるその存在感

ブラックチェリーやチョコレートの香りに、パレットはチェリー、プラムといったフルーティネスが前面に出ているが、けっこうタンニンも感じられる。

ミディアムプラスで、微妙な酸味を伴い、口に広がるバランスのいい甘みが印象的で、ビターなフィニッシュ

サルの記憶の中では、同じくイタリアン代表品種・プリミティーボ を思わせるような雰囲気

お料理がなくても楽しめそうなワインなの

でも、でも、お料理がないなんて、そんな悲しいこと、サルには耐えられないもんね

15 - 6 - 22 - 0
ナスとトマトの自家製カヴァテッリ イベリコ豚のチョリソーと

サルの知らぬ間に完成してた自家製パスタのカヴァテッリ

ちょうど1年前の同じ頃にカヴァテッリ作ってた (今がシーズンなのか?) けど、今回はソレより大きめサイズ

外人が狙ったとおり、ソースがよく絡むし、モチモチとした食感も最高

それに、サルの大好き野菜のおナス ちゃんは、ご訪問先のおじいちゃま・おばあちゃまが手塩にかけて育てたもの { お土産にもらったの~

ピリッと刺激的な辛さは、唐辛子 だろうか { さらに食欲増進だゼィ

(外) : 「いや、チョリソーだよ」

えっ、結構ソースも辛いのに { エキスが染み出したのかぁ

辛~いパプリカ 入りのこのチョリソー、その辛みもさることながら、イベリコ豚の旨みも存分に味わえる逸品

噛めば噛むほど味わいが出てくるよ~ { サラミみたい

手作りカヴァテッリもナスチョリソー極ウマで、
さらに素敵なワインまでトゥギャザーしちゃって、

シアワセすぎるぅぅぅぅ { 週末頑張った甲斐があった







~猫裁判~

ベッドの上、威厳たっぷりにお座りになってるお方が・・・・・

15 - 6 - 22 - 1

へ・・・・・・・・・・・・

大岡裁きでも始まるのかいな { で、当然裁かれるのはサルですね

15 - 6 - 22 - 2

やっぱり、そのことね・・・・・

実は、昨日は、朝から留守にしたサル

よっぽど寂しかったのか、サルが戻ってきたランチ後の休憩中には、ピッタリ寄り添ってましたね { あんまり座らないソファなのに

でも、ソレも束の間、午後もすぐ出かけなきゃで立ち上がったときの、ソファの上で取り残されたアナタの唖然とした顔ったら・・・

夕方戻ってきたら、案の定ふてくされて押入れに引きこもってるし・・・・・・

その上、サルの帰宅後ほどなくして日曜の彼女が来訪しちゃって、押入れから出るに出れなくなってるし

要するに、怒ってるんですね

15 - 6 - 22 - 3

護衛・・・・・・って言いましても { 夕方には出かけるよ

そいえば、今朝、くもないのにサルのお布団に入って、くっついて寝てたけど、アレも護衛の一環だったのね { むしろくてヤセ我慢してませんでしたか


{ ほったらかす方が悪いのニャ



<トスカーナの赤> ←お手ごろデイリーワイン♪ 

【アンティノリ ラ ブラチェスカ】 ヴィーノ ノービレ ディ モンテプルチャーノ [2011] 750ml・赤 【ANTINORI LA BRACCESCA】VINO NOBILE DI MONTEPULCIANO






<イベリコチョリソー> ←スパイシーでドライなソーセージ♪

【イベリコ豚の生チョリソ!】チョリソ・フレスコ(冷凍・不定貫)(1kgあたり3100円)【10P19Jun15】



【 2015/06/22 (Mon) 】 猫と飯とワイン | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!