美食生活な異文化交流

0612345678910111213141516171819202122232425262728293031

サル生誕祭





日付が変わってしまいましたが、

今日 (2/25) は、サル生誕35周年 わ~い

でも、頭の中は、5歳です

(外) : 「3歳だよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなおサルのために、外人シェフは、いつもに増して、腕を振るってくれました

昨日から仕込んでいた、スペシャルなパン

20140225_190537~2
ブリオ~ッシュ

バターの風味豊かな、フランスのパン。

切ったら、こんな感じ

20140225_192031~2
こりゃ、リッチだわ

お食事の前に、つまんでみましょ

いや、待て待て。

せっかくだから、ワイン も開けましょ~

パンが、フランスってことは・・・・

20140225_191154~2
きたーーーー

ブルゴーニュのピノ

これが、また、破格で手に入りまして、ま、ヴィンテージはそんなに良くないんだけど。

昨年は、コレが4~5本買えるような、お高めピノを開けましたが、いや、あまり大きな声では言えないけど、

コレのがウマイんじゃね??

じゃ、お料理が出てくるまで、ブリオッシュも、一切れいただいてましょうか。 (←外人を差し置いて・・・)

うぉっ

外はカリッと、中はしっとり~

なんか、通常のパンより、行程が非常に面倒くさいらしいのですが、さすが、パン職人

上手ですね~

おっ

出来たみたいデス。

では、本日のスペシャルディナー

20140225_192535~2
自家製ラビオリ with パンチェッタグリーンピース

コチラも、昨日、パスタマシンが無い為、頑張って素手で作っとりました

生地伸ばす、伸ばし棒も無いので、ワインの空き瓶で・・・

コレが、かなりの重労働らしいが、外人は、

(外) : 「筋トレになる」

と、楽しげに作っておられました。

数十年前の、イタリアのマンマがしていたように、手間ひまかけて出来た、傑作

味わっていただきま~す

20140225_192908~2
中は、こんな感じ。

リコッタ、プロボローネ、パルメジャーノ・レッジャーノの三種類のチーズ

手作り生地は、アルデンテな私好みの固さ

おいしいぃぃぃ・・・

本当に美味しいものは、言葉がでません (自分の語彙の無さを棚に上げる・・・)

今日は、まだまだ、終わりませんよ

続きまして、本日のメイン
20140225_200440~2
フォアグラのムニエルブリオッシュを重ね 青りんごのブランデーフランベを添えて

真骨頂

りんごとブリオッシュ、そしてフォアグラをそれぞれ一口サイズに切り分けまして、

一緒に、お口へゴー

ワォワォワォ

りんごのほのかな甘みと酸味が、フォアグラの塩気にこの上なくマッチ

さらに、ブリオッシュのカリッサクッに、とろけんばかりのフォアグラの柔らかさという食感のコンビネーション

そしてそして、完璧に、ピノと合わせてきました

やりおる・・・。

本気出したな・・・。

もう、ぐうの音も出ないほどです。 (←もはや、表現おかしくなってきた・・・)

いやぁ、堪能させていただきました



あ。

サル じゃなく、ネコ の話はって

ええ、今朝の話になるんすけどね、

今日も、フミフミもみもみを存分になさった後、気が済んだらしく、

20140224_112900~2
「よっこらニャ・・・

落ち着いたかい??

20140224_112925~2
「うむ。満足ニャ 

ね、今日、サルの誕生日

祝って

20140224_113144.jpg
「そら、良かったニャ 

う・うん・・・・・ありがと。



サルにプレゼントニャ
人気ブログランキングへ
ありがとニャ
【 2014/02/26 (Wed) 】 猫と飯(コース) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!