美食生活な異文化交流

05123456789101112131415161718192021222324252627282930

即興でコース





週末は、少し遠出をしたサルと外人

どこへ行ったのかというと、以前我が家に足を運んでくれていた妊婦さんのベイビーが誕生しまして、ご夫婦がお引越しされたばかりの新居へ

心ばかりのプレゼントと外人の即興ディナーでお祝い

まずは、地元のスーパーでお買い物

ノープランで来た外人ですが、一人ひとりのリクエストを聞きつつ、食材を選んでいきます。

さて、ご夫婦の新居に戻ったら、早速調理開始 { サルも手伝ったよ~

あれよあれよという間に、出来ていくお料理

では、ディナーのスタートです

15 - 4 - 06 - 0

コチラは、出かける前に焼きあがった外人特製パン

久々ご対面の外人パンに興奮気味のご夫婦 (&毎度興奮サル)

「やっぱ、おいし~~~

では、ここから外人即興 (サル共同) 作品です

15 - 4 - 06 - 03

驚く無かれ、コレ、サルの作品

っつっても、野菜洗って、レタスちぎって、キュウリとトマト切って盛り付けただけー

「わぁ、このドレッシング、おいしぃ~~~

ええ、もちろん言うまでもなく、ドレッシングは外人作ですとも

はい、次、お魚~

15 - 4 - 06 - 01
ハマチのカルパッチョ

15 - 4 - 06 - 02
タイのカルパッチョ

立て続けに海の幸2皿登場~

あっという間になくなりました { ペロリ

続きましては、先ほどのスーパーで出会った破格のカニさんを使って

15 - 4 - 06 - 04
渡り蟹のトマトクリームコンキリエ

「これ、ムチャクチャ美味い

(外) : 「さっき作ってるの見てたよね とても簡単だから、旦那さんでも作れるよ」

やや・・・、簡単だというのは、ちょっと信じられないほどにウマイ { サルには出来んぞ・・・

カニのエキスが出まくって、カニ

いつもは食の細い旦那サマが、奇跡のおかわり連発  ←大丈夫まだ肉あるよ??

で、さっきから飲んでるワイン

お買い物のあと、ワイン屋さん寄って買ってきたボトルです。

15 - 4 - 06 - 00
ピエモンテのバルベーラ

サルは運転手だったので、舐めるくらいしか味見てないケド、ミディアムライトなテーブルワイン

どんなお料理にも合う印象

では、ラストのお肉

15 - 4 - 06 - 07
スペアリブのハーブロースト

コレが、お買い物の最大の戦利品

地元産豚スペアリブのブロック { 普通のローカルスーパーで、見たこと無い

サイズも見事なのだが、その質も素晴らしい

骨のまわりにたっぷりお肉がついて、やたら脂身が多いわけじゃなく、その脂も口の中で溶けるとクセが無い

コレは、秀逸

ディナーを締めくくるには、最高の逸品でございやした

お腹もふくれたし、赤ちゃんとも会えたし、なによりご夫婦が喜んでくれて良かった

さぁて、ネコ さんの待つ我が家に帰るとするか






~帰宅後~

ひとりでお留守番、偉かったね~

寂しくなかった

15 - 4 - 06 - 1

先週は、2晩もお留守番に成功したから、もう慣れたもんでしょ { お留守番エキスパートね

とはいえ、出かける前に出しておいた晩ご飯が、まだ少し残ってるところをみると、やっぱり動揺したのかしら

15 - 4 - 06 - 2

そうよね、前と一緒で、昼に晩ご飯出して留守にしちゃったもんだから、今回も心細かったのねぇ

安心して

今日はサルと一緒にグッスリ眠りましょうね

15 - 4 - 06 - 3

えぇっと・・・・・・・・・

{ ひとりでパピヨン遊び が出来ないことが問題だったワケか・・・

あのぉ、もう遅いし、とりえずシャワーしに行ってもイイかな・・・・・


{ 早くしてニャ
【 2015/04/06 (Mon) 】 猫と飯(コース) | Comment(2)
確かに普通のスーパーで、
スペアリブのブロックはみないよ~
よそ様のキッチンって、調味料や調理具がどこにあるか
感覚がつかめず、イライラして調理のタイミングはずしてしまうんだけどな~
外人さん、やっぱすごいよ!

そしてうちにはいつくる?w
【 2015/04/06 】 [ 編集 ]
ぺんぎん さん
ニッポンの普通の家庭で使うのか?!
っていう程の代物でしたよっ(✪ฺД✪ฺ)
しかもね、赤ちゃん小さいからご実家でご飯食べてるってことで、
新居のキッチン、まだまともに使ってないらしいのぉ・・・。
外人がお初ってこと?!!

ペんぎんさんち、いつ行きましょか~(´、ゝ`)
【 2015/04/07 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!