美食生活な異文化交流

10123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | CM(-)

お勉強





今日は、我が家のスーシェフをご紹介します

20140217_130603~2

うちのシェフがキッチンに立つと、いつもココ (←冷蔵庫の上・・・) で、背後からガン見

外人の華麗なテクニックを盗もうと、真剣なまなざしです。

微動だにしません。

20140217_130548~2
「ぬぬぅっ! そんな技があるニャ・・・

大変、お勉強になってる様です。

感心、感心。

えっ?! 私は、何してるんだって??

んなこたぁ、聞かないでください・・・

そうこうしてるうちに、出来ましたよっ!!

今日のランチ
20140217_124207~2
ブロッコリープッタネスカ

プッタネスカとは、『娼婦のパスタ』って意味なんだって。

ウィキってみたところ、

~娼婦は昼食時にも忙しく、海のものも畑のものもごった混ぜにして、パスタにして食べたという話に由来する。名前の由来は他にも諸説あり、「娼婦が客をもてなすためのパスタ」説や、「激務の娼婦が体力を回復するために食べたパスタ」説、「刺激的な味わいが娼婦を思わせるパスタ」説、「娼婦同様たまに味わえば美味だが、毎日のように食べれば飽きるパスタ」説など様々である。~

だそうです。

ちなみに、今日のは、
「あったもので作ったら、こうなった」
というのが、外人説

なもんで、やらやら、色々ミックスなパスタが入り乱れてます!

食材を無駄なく、美味しく使い切る というのも、外人の食に対する美学

技術だけでなく、そういうところも、学んでくださいよね~。

20140126_120231~2
「あんたにだけは、言われたくニャい 



上昇中
人気ブログランキングへ
感謝です
【 2014/02/17 (Mon) 】 猫と飯(イタリア) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。