美食生活な異文化交流

0912345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | CM(-)

今年の干支





みなさま、改めまして・・・、

明けましておめでとうございます

と言いますのも、今年は未年 { メェ

なのに、まだヒツジ始めをしてないではないですかぁ

つぅことで、今週のスペシャルは、ヒツジで~す

15 - 1 - 18 - 0
子羊のフレンチラック スパイシーロースト レンズ豆を添えて

ヒツジ年ヒツジ、いっただっきま~~~す

わ~~~ぉ、なんて柔らかいぃぃぃぃぃぃ

ラム独特の風味に、外人調合のパンチの効いたスパイスが見事に合わさり、もぉ、
たまりまへん


コレは、秀逸・・・・・・・・

さらに、敷物になってるレンズ豆が、イイ脇役になってくれてる { レンズ豆、好き

こんなラム料理、食べたことがないですよぉ { 言葉がでないぃぃ

ほんでもって、あけたのがコレ

15 - 1 - 18 - 00
アンヌ グロ エ ジャンポール トロ レ・フォンタニーユ 2008

南フランス・ラングドックのフルボディ

ベリー系やダーク系フルーツの香り。

パレットにはダークチェリー、プルーン、苦味はチョコレートかしら、シナモンやブラックペッパーとかのスパイスも。

最初のグラスでは、インパクトが強かったものの、時が経つほどにマイルドに開いてきた  ←1時間くらいかな

なによりも、ラムとの相性が素晴らしかった

ラム のスパイスと風味が、ワイン のフルーティネスを引き出して、驚きのマリアージュ

ひつじ年もアッパレな技を披露してくれる外人シェフ兼ソムリエなのであります






~ネコさんの願い (17日) ~

植物さんたちにお水をやりにお外へ出たところ、後ろからくっついてきたネコ さん。

15 - 1 - 18 - 1

それなら、出なきゃいいじゃない

15 - 1 - 18 - 2

こんなにいから、きっと日本海側は大荒れ { 大変だ・・・

いはいけど、こっちは雪が降らないから、ホンッと助かるわ ←ド雪国育ち

15 - 1 - 18 - 3

そっか、アナタ、実は雪好きだったもんね~ { まさかとは思ってたが・・・・

しかし、サルにとったら、ただいだけで雪がないっつうのは大変ありがたいことなのですよ

15 - 1 - 18 - 4

はい

んな、無茶なぁ

サルは、空の神様でもなければ、雨乞いならぬ雪乞い専門の呪術師でもありませんから


{ 修行が足りないのニャ


<今が飲み頃・クラシックラングドック> ←ローストラムやスパイシーフード (牛) に♪

■アンヌ グロ エ ジャンポール トロ レ フォンタニーユ[2008]【V585】ANNE GROS ET JEAN-PAUL TOLLOTLES FONTANILLES[2008]【出荷:7~10日後】





<子羊> ←柔らかくてクセがマイルドで美味♪

【ラム骨付きのおすすめ定番はコレ】
ラムフレンチラックNZ産(整形済・1枚入)


【 2015/01/18 (Sun) 】 猫と飯とワイン | Comment(4)
ぁあん…ひつじ♡♡♡ ꒰ ๑͒ ・౪・๑͒꒱
ひっつじ、ひっつじ、ひーつーじー
ひつじと鴨をこよなく愛するぴろと申しますっ
なのに! ひつじ始め、行なっておりません!
(はよせんばなんね )
【 2015/01/18 】 [ 編集 ]
ぴろ さん
また、ラブリーな絵文字ですこと♡♡♡
そして、鴨&ヒツジ・・・気が合いますねん♪
そうですよ~、1月、終わっちゃいますよ~!!
ヒツジ始め、急げーーー =3=3=3
(新潟の方言でしたっけ?!)
【 2015/01/19 】 [ 編集 ]
確かに羊始めしてないなぁ
週末は新年会だし、土曜日用にポチっするっかなぁ
このワインいただいたことありますが、真似っこして羊にあわせるかなぁ

ネコさん、雪は積るととんでもなく大変なのでふらなくていいんですよ
寒いのはヤだけど、雪はもっと大変なのよ
【 2015/01/19 】 [ 編集 ]
ぺんぎん さん
えっ??同じヤツですか?!!
「同じビンテージなら、今が飲み頃!開栓一時間くらいでオープンアップするよ。オリがかなりあるから、もしパニエがあったら使うといいかも。羊は間違いないけど、ワイン自体がスパイシーテイストなので、スパイシーな味付けにすると、より合います!」
とは、外人より。

雪、楽しいニャよ ฅ*•ω•*ฅ♪
なんで、みんな、そんなに雪が嫌いニャ......(。・ω・。)??
【 2015/01/20 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。