美食生活な異文化交流

0612345678910111213141516171819202122232425262728293031

北陸からフランスへ





~昨夜のお話です~

実は昨日、ニッポン列島を横断してやってきた、の北陸を代表する味覚と出会いました { それも、超特価

それは、富山のズワイガニ~~~

外人、これを手に取った瞬間に、ディナーが決まったのです

12 - 04 - 0
蟹のビスク

日本海のがフレンチに大へんし~ん

丁寧に裏ごしされたクリーミーで滑らかなスープは、濃厚過ぎ

甲殻類大好きなサルが、泣いて喜ぶ逸品です

高級フレンチのコース料理で出てきたなら、一滴かって突っ込みたくなるほど、ほんの少量しか提供されないであろうスープのレベル

それを、お鍋一杯食べられるシアワセ

しかも、最後の最後は、お鍋のまわりについた、一番こってり濃厚な部分もパンに拭いつけて、さらにはスプーンでこそぎとって食べちゃうもんね~ { 外では決して味わえない贅沢

あ、でも、頭突っ込んで舐めたりはしてないから、ご安心を { え?? サルならやりかねないって?!





~サル目線~

電気ヒーターをテーブルに乗っけて、ソファに座り、足を投げ出して温めてましたところ・・・。

12 - 04 - 1

セットアップ完了

って、あのぅ・・・・・

12 - 04 - 2

あなたのベッド、サルのすぐ右隣ですよ

なんか、落ち着いちゃってる

12 - 04 - 3

ええ、まぁ、、、ダイレクトに温風当たるしね

ちょっと、体勢キツイけど、せっかくだから、ネコ さんの正面からの記念撮影もしとこう

右手を伸ばしてっと・・・・、プルプル

パシャ
12 - 04 - 4

むぅぅぅ、愛想の悪いやっちゃ { ちょっとぐらい協力してよぉ

ねぇねぇ、おねぃさ~ん、もうちょっとコッチ向いて~

12 - 04 - 5

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとに乗っておきながら、無視するんじゃなーーーい


{ 座布団が叫んでるのニャ
【 2014/12/05 (Fri) 】 猫と飯(フランス) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!