美食生活な異文化交流

05123456789101112131415161718192021222324252627282930

お袋さん





本日の外人、小料理屋さんの女将に大変身

日本のお袋の味代表と言えば、コレでしょう

22 - 2
肉じゃが~

なんと、懐かしい味  涙がでそうじゃ・・・・・・。

あまり大きな声では言えませんが・・・・・・・・

母ちゃんのやつよか、断然うまいわぁ ←絶叫、ごめん母ちゃん

こっくり味のしみたじゃが芋 に、ほんのり甘~い玉ねぎ と、人参

嗚呼、日本に生まれて良かったな~ でも、作ったのは外人なんだよな~

こんなにも、完成された肉じゃがは、日本で生まれ育っていながら、初めて食べたよ

今日も、涼し~い顔している外人をよそに、感動の嵐です




さて、こないだ食べたあの新作アイスのもう一方を試してみましょうか。

22 - 3

ん~、色的には、前回のほうがそそられるなぁ。

おぉっと、早速、検査官の登場

22 - 4

嗅ぎつけるの早いよね~

22 - 5

うん。 

前回は、人参 オレンジ だったけど、今度はトマト チェリー よ~


22 - 6

どうかなぁ

おいしいかなぁ

22 - 7

甘いトマト かぁ。

そういえば、サルが子供のころ、夏休みのおやつは、キンキンに冷やしたトマト に砂糖ぶっかけて食べるのが定番だったなぁ。

22 - 8

今はもうやらなくなっちゃったけど、当時は大好物だったよ

お友達にも勧めたら、「ウゲ、気持ちワル って言ってたのに、試してみたら 「スゲーうまかった ってさ

つか、その子、気持ち悪がってたくせに、勇気あるよね・・・・・・・・・。

22 - 9

あ、うん。

外人が戻って来るの待ってるの。

ホラ、サルはアイスは食べさしてもらわないと~ { 口あけて待ってるだけ

22 - 1

{ そうピヨ



こんなサルニャけど・・・

人気ブログランキングへ
【 2014/05/23 (Fri) 】 猫と飯(和) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!