美食生活な異文化交流

0712345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | CM(-)

今日は何の日??





こんばんは

最近にしては珍しくスピーディな更新のサルでございます { 8月はヒドかったよね~ 9月からはもぅチョット更新頻度あげるぞぉ

と言いますのも、今日は忘れちゃならない・・・というか、
忘れたくても決して忘れることの出来ない日なのよ~ { だから今日中に更新したいのぉぉぉ

そう、それは忘れもしない一年前・・・・・・・。

この方が、道のど真ん中で立ち往生してたのよぉぉぉ { 挙句の果てには轢かれるしぃ
 
16 - 8 - 30 - 1

コチラが本日の主役

1年前、あんなに瀕死の状況だったのがウソのように、シアワセに眠りこけていらっしゃいます

そうです、本日は何を隠そう、妹 にゃんの誕祭~~~ { よみがえり一周年記念~

16 - 8 - 30 - 2

おッ、起きた

アナタも、我が家の一員になって、早1年が経つのね~ { しみじみ・・・

あの時は、搬送中サルのお膝に大のBENをかましたり、アゴ骨折してたり、どうなることかと思いましたけど、今じゃすっかり元気になって、元ノラだってことも忘れるくらい馴染んじゃって・・・

ネコ さんとも何とか折り合いをつけてやってるようだし { いまだに毎日けん制しあってますけど・・・

16 - 8 - 30 - 3

うぐッ

ネコ さんに反応した?!

そうですね、今日はアナタが主役でしたね { そんなカオ・・・初めて見た


{ ねぇ、プレゼントは~
スポンサーサイト
【 2016/08/30 (Tue) 】 今日のネコさん(たち) | Comment(8)

大衆らしからぬ





サルの日常を大いに賑わしたオリンピックも終わり、平穏な日常に戻ったかと思いきや、盆明けから一気に多忙になっております { 要するに夏休み最後の追い込み~的な

それと時を同じくして、ニッポン列島付近でも同時に3つの台風が発生するなど、てんやわんや

話題のポケモン探しでもしていたのか、ひとつだけウロウロ迷走していた10号さんも、ようやく進路を定めたようで・・・
コイツもニッポン列島直撃コースじゃないかぁぁぁーーーーい { 進路に当たるみんな、気をつけて

つうわけで、今回のレポートは、その他2台風の襲撃前、まさしく嵐の前の静けさの中で催されたスペシャルでございます

16 - 8 - 20 - 00
ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ シュル・リー 2013

まず登場したのは、フランスはロワールの代表的白葡萄・ミュスカデ

香りは桃とかのホワイトフルーツやグレープフルーツにミネラル感。

発泡一歩手前のクリスピー感にシャープでキレのある口当たり。

サル的には酸が強い印象なんだけど、コレって料理とならかなりイイ感じなんじゃね { シーフードとかドンピシャ?!

というコトで、出てきましたよ、こちらの一皿

16 - 8 - 20 - 0
アジのムニエル
スパイシートマトソース


安価にも関わらず、そのウマさが人々をうならせ、ゆえにアジという名がついたと逸話のある 『鯵』

絶妙な焼き加減が芸術的な食感を演出し、一面に広がるソースが異国情緒を漂わせる { ん~

その両者のコンビネーションが秀逸としか言いようがないのであります { アジ独特の風味に中東風のスパイシーなトマトソースが驚くほどマッチ

お互いが主張の強い風味を持っているのに、全くケンカすることがないばかりか、さらにお互いを高めあっているの

要するに外人の手にかかったら、味自慢のアジにさらに磨きがかかり、もはや大衆魚の出せる貫禄ではないのである { サルも参った

こりゃ、まさに、アジの新しい可能性を開いてしまったよぉぉぉぉぉ { やっほーぃ

すると、続く一皿も、大衆的なあの出世魚が主役で登場

16 - 8 - 21 - 0
つばすのトマトバジルカヴァテッリ

成長するとハマチ→ブリへとその名前を変える幼魚 『つばす』

それが、なんとパスタと饗宴してる { アンビリーバボー

ハマチやブリに比べると、脂身が少なくて身の締まった印象のあるつばすなのですが、
コレ・・・・・・
すんげーフワッフワ

口の中でやわらか~く融けていく食感は、まるで極上な綿とかシルキーなクリームのよう

この上品極まりないつばす風味満載のソースに良く絡んでいるのが、外人お手製のカヴァテッリ

つか、また、いつの間に作ったの { 存じ上げませんでしたよッ

このアツイ(パン作りまで封印したほどなのに・・・)、サルの知らぬ間に手打ちパスタを仕上げているとは恐れ入る・・・

(外) : 「いや、まぁオーブンを作動させるワケじゃないし」

その早業にも驚きなのだが、度肝を抜かれるのは何といっても・・・
衝撃的にウマいんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ { 嗚呼、このパスタに埋もれたい・・・・・・・







~チョット前のことですが~

ケージ上で普段と同じようにお休みになるネコ さん

なのですが、実はこの写真の数日前にあたる8月半ばの週末、サルだけちょっくら帰省しておりまして・・・。

その間中、物置部屋 (←駐車場が見え、かつ外の気配を察知できる) にて、サルの帰りを待っていたらしい { 寂しかったのね・・・

16 - 8 - 24 - 1

今は、こんなにリラックスして寝ていますけど、外人 (←お留守番) の話によると、サルの居ない間にこの部屋に足を踏み入れたのって、ウォーターファウンテンからの給水とトイレぐらいだったって・・・

サルが戻ってからは、以前に増してベッタリのネコ さん、サルが部屋を出れば犬のようについてきて、サルが部屋に戻るときは我先にと先導し、お昼寝もサルのいるこの部屋でぐっすり { 可愛いのぅ

どれ、愛くるしい寝顔をもっと近くで見せておくれ

16 - 8 - 24 - 2

おっと、やっぱりチョット怒ってます

もしかして、やたらくっついてくるのも、サルの監視だったり?!


{ いつ帰ったのミャ・・・むにゃむにゃ  ←サルの不在に関心のない妹 にゃん



<ロワール・ミュスカデ> ←お手頃価格で普段のみに♪

ミュスカデ セーヴル エ メーヌ シュル リー ドメーヌ サン マルタン ドメーヌ ヴィネ(白ワイン フランス)



【 2016/08/27 (Sat) 】 猫と飯とワイン | Comment(0)

酷暑の対処





なんだかずいぶん長いこと留守にしてしまった・・・ { それでも覗きにきてくれるアナタが大好き


いや、ちょっといいわけさせてもらうとですね、始まっちゃったんですよね、ほら

つか、今回はやり過ごすつもりでいたのに、やっぱ始まっちゃうとスポーツ観戦バカの血が騒いじゃって

結局、サル的日常の最優先事項になってるっつぅ・・・ { 色んなことが手につかない

気付いたら、もぅ、8月も後半だよぉぉぉぉう { お盆も終わっちゃった

てなワケで、オリンピックも後半戦に突入したところで、一時的 (?) カムバックのサルでございます { 失踪はしておりませんのでご安心を・・・


しかーーーーし
オリンピックがやっていようが、サルがどんなに釘づけになっていようが、我が家の隊長の優先事項が乱されることはないのであります
{ 見習いたい

連日、酷暑の続くニッポン列島を冷やすべく、立ち上がった外人  ←本人にそんな壮大なビジョンはあるのか・・・?

16 - 8 - 05 - 0
ガスパチョ素麺
クリスピーポークを散らして


でたよ、ニッポンの素材で、華麗なフュ~~~ジョ~~ン { イリュ~~ジョン

母上の有機トマトをふんだんに使ったスペインの冷製スープに、ニッポン代表・島原素麺 { 刻みグリーンはお外のプランターバジルちゃん

そして、散らされているのは、何を隠そうあの・・・美稲豚バラ~~~

トマトをはじめニンニクやキュウリ、パプリカなどを代表する野菜たち (全母上産) が凝縮された滑らかなガスパチョは濃厚極まりなく、つるつるシコシコな島原素麺に絡み付き、カリッカリのクリスピーポークの食感が小気味良い

まじ、うま過ぎなんですけどぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

昨夏、ガスパチョと冷麦の組み合わせが登場したとき、ソレはそれは驚いたものだけれど、今年はさらに進化してるよ~~~ { より洗練されてる

こんなん出てきたら、猛暑だろうが酷暑だろうがなんだって来い」 だよぉ { 元気100倍

この流れで酷暑の中、スペシャルにも突入ーーー

16 - 8 - 06 - 00
ポール・クルーヴァー ソーヴィニョン・ブラン 2014

ここはらしく、スッキリ辛口 「ソーヴィニョン・ブラン 」 で

ソーヴィニョン・ブラン っていうと、サルの苦手な酸味の強いのを連想しがちだけど、これはサル的に印象の悪くない南アフリカ産  ←ニューワールド

ちょっと楽しみな1本です

ふむふむ、グラスを鼻に近づけると際立ってくるのがミネラル感、アスパラに青りんごの香りもあるね。

パレットは、グァバとかライチなんかのトロピカルフルーツ、さらにグレープフルーツの苦味に酸味はレモン、最後にほのかに感じる甘みはりんごかな。

さっぱりとシャープな切れ味、かつ丸みの帯びたパレットがとてもバランスのいいワインで、ボルドーだったら3000円は下らないかと思われるほどのクォリティ

これは当たりっすね { ニューワールドに厳しい外人も納得の白

さぁ、この優秀ワインの後ろにチラッと垣間見えてるのが、今回のメインディッシュ

全貌がコチラ

16 - 8 - 06 - 0
ミニ海鮮丼

こうアツくっちゃ、ガスも使いたくないっすよねぇ

ってなワケで、近所のローカルスーパーから新鮮なサーモンと本マグロを仕入れてまいりましたよ

酢飯の上にたっぷり贅沢に敷き詰められた魚たち { ご飯より多い

ここにわさび醤油をまわしかけて、パクッとな

ンまッ

脂ののりまくったサーモンのトロけることったら

んでもって、王者の風格を漂わせる本マグロの赤身の流石の存在感 { トロとも遜色ない

添えられたキュウリと枝豆は、もちろん母上の { 青々しくて美味

清涼感がありながら、しっかり満足感も与えてくれる、なんてに優秀な丼なんでしょ

食べる側は涼しいし食べやすいしと、イイコト尽くしなのは言うまでもないのだが、それは調理する側にしても同じこと

この殺人的アツさのキッチンでの前に立とうなんて、考えただけでも倒れそう ...

な~んて思っていたのに・・・

16 - 8 - 07 - 0
ナスとカボチャのオリーブオイルオーブン焼き

オーブンを作動させたのですね { オーブン作動中は基本、エアコンもつけない外人

つい先日、「夏が終わるまでは、パンは作らない 宣言したばかりじゃありませんでしたっけ?!

(外) : 「コレはそんなに高温にしないから」

・・・とは言え、世の中がすでに基準をはるかに上回る高温なのですよ

ま、でも、オーブンで調理されることにより、野菜の持つ自然の甘みをトコトンまで引きだされたのは事実

だいたい、だからといっていつも冷たい料理ばかり作ってるワケじゃないし・・・、
(サル) 知れぬ外人の労力により、このもサルの文化的な生活が保たれているのだなぁ・・・としみじみ思う夜なのでありました






~無感覚~

記録的な酷暑を記録した午後

鏡後方、何者かの気配が?!

16 - 8 - 11 - 1

なに・・・・・・してんの

だいたい、ソコって一番アツイ場所じゃない

事故った後遺症なのか、アナタって痛みとかアツさに鈍感よね・・・ { 尻尾踏まれても、ほぼ無反応とか・・・

で、今は日当たりのいい南向きの窓で、カーテンにくるまって・・・、しかも、それだけ顔出してるってことは隠れてるワケでもなさそうだし

16 - 8 - 11 - 2

アツさにやられちゃった・・・・・・の


{ ほっとけばいいニャよ




<南アフリカ・白> ←価格以上のクオリティ♪

【南アフリカ】【白ワイン】ポール・クルーヴァー ソーヴィニョン・ブラン 2014[辛口]



【 2016/08/17 (Wed) 】 猫と飯とワイン | Comment(2)

初モノで前菜ナイト♪





うわぁぁぁぁぁ、8月になっちまっただぁーーーーーー { 早いぃぃぃぃ

と、同時に・・・

なんなんだ、このうだるようなアツさはぁぁぁぁぁぁぁぁ

(外) : 「この暑さなら丁度いいかもしれない。初のアレ、出しちゃおうか」

?!

ここへきて、まだ初物があるのですかぃ { どんだけ引き出しあるねん

と思ってたら、コッチの初モノだったーーー

16 - 7 - 23 - 00
パン・デ・デューン ロゼ 2015

『初ロゼ』 でございます

なんだかオシャレな印象のあるロゼ、香りもどことなく泡を思わせるようなエレガントさが漂う

全体としてはあまり主張のないノーズですが、グレープフルーツにベリー系は・・・・ストロベリー、ちゃんとミネラリティも感じる。

パレットも香り同様控えめな感じで、ピンクグレープフルーツにストロベリー、すもものような味とシャープな酸味を伴ってる。

い日にイイっていうだけあって、サッパリしたリフレッシュ感満載の飲み心地

まぁ、サル的には、全体的になんか薄い印象かなぁ { カベルネ、メルロー、カベルネ・フラン つぅブレンドはまさしくサル好みの葡萄ぞろいなのだが、驚くべきことに、そんな雰囲気が全くしないのよ・・・。

(外) : 「だな。例えて言うなれば、スイカの皮に近いところの薄さ・・・みたいな」

あぁ、それわかるぅ { ナイス例え

初ロゼに盛り上がり (?) を見せる食卓ですが、初だろうがなんだろうが関係なくマリアージュの妙を魅せてくれるのが匠のワザ

暑いアツイ夏にピッタリ、さらに存在感の薄めなこのワインにもバッチリ、
今回は
前菜スペシャ~~~ル

16 - 7 - 24 - 0
マグロのステーキ ロメスコソース


ミートソース
でも、マグロにミートソース・・・なワケないか

と、混乱しながらお口に運んでみると・・・

なんじゃ、こりゃ~~~~~ { ウマすぎるぞぉぉぉぉ

なんだか香ばしいこれって・・・・・・・

(外) : 「アーモンドだな」

サルが想像していたような肉ニクしさなど微塵もなく、ナッティなウマミの広がるトマトソース

ミディアムに火を通されたマグロと絶妙なコンビネーションではありませんかぁ { パンにもつけたくなるよ~

このソース、何にでもつけて食べたいわ { 常に持ち歩きたし

すると、パンに塗りたいヤツ、またキターーー

16 - 7 - 24 - 01
ローストキャロット&山羊のチーズ

再び送られてきた、母上の間引き人参 ←前のより大きくなったよ

グラッセかなって思うほど、ツヤツヤで甘みもハンパ無いし~~~ { 自然の甘みだけなのにね

その人参をチョットだけカットし、山羊のチーズを塗った外人パンの上にのっけて
パクッ

ふぉ~~~~~~~ { 人参とチーズが奏でる甘み酸味・塩気のハーモニー最高

さてさて、母上から送られてきたのは、もちろん人参だけではありませんよ~

16 - 7 - 23 - 0
ナスのカポナータ

サルの大好き野菜・ナス

イタリアンの郷土料理になって登場 { 待ってました~

くてもたくても美味しいこの料理、今回はちょっとぬるめで食べやすく

ナスをはじめとするお野菜がたのソコヂカラが存分に発揮されている一皿ですよ { やわらかかつ豊かな風味

これはもぅ、サル泣かせの前菜オンパレードじゃないっすかぁ

と感激していると、最後の一皿にもはや失神寸前

16 - 7 - 23 - 01
海老のアヒージョ

エビですよ、エビ

しかも、これまた、パンにつけたら旨いヤツ~~~ { パン進みまくっちゃうよぅ

シアワセが止まらなーーーい { スペインのバル気分~

(外) : 「このあまったオイル、明日のランチのパスタに使おうか」

ぬゎんですとーーーーおぅッ
そんなの大賛成に決まってますがな { 絶対旨いじゃんソレ

エビのエキスが凝縮されたオイルがパスタに絡まって・・・・・・
あぁ、想像するだけで、昇天しそう







~配置換え~

やっぱり、今日も物置部屋に集う猫のみなさま

ただ、今日はちょいと様子が違っているようで。

実は、窓辺に置いていたキャットタワーがあまり猫たちに使われないことに気付いた外人

使いやすい場所へと (外人が) 移動して差し上げたところ、このような配置に

16 - 7 - 31 - 1

高所から見下ろす妹 にゃん

いつものように、ベッド上静かにくつろぐネコ さんですが、その心中やいかに・・・ { ピリピリしてる

16 - 7 - 31 - 2

意外と冷静ですね { 普段は妹 にゃんが近付くだけで、鼻息を荒くするのに

というワケで、同じ空間にいながら、衝突もなく平和に過ごしてらっしゃいます { よかったよかった

16 - 7 - 31 - 3

ネコ さん的には、誰の所有物であるかということよりも、むしろ、同じ物体を同時に共有していないことがポイントなんですよね~ { ベッドでもタワーでも、ふたりが同時にいるときは必ず戦いに発展するもの・・・

で、一方の妹 にゃんは、自分のほうが優位に立ってる (と思い込んでる・・・) ことに気分をよくするという、ウィンウィンな状況なのであります


{ 天下とったミャ~~~



<ボルドーのロゼ> ←女性ウケするんだろうなぁ♪

フランソワ・ティエンポン パン・デ・デューン ロゼ [2015] 4997678492847【04001】【YDKG-f】【new1606】【10P29Jul16】



【 2016/08/02 (Tue) 】 猫と飯とワイン | Comment(2)
Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。