美食生活な異文化交流

011234567891011121314151617181920212223242526272829

いったん休憩?!





贅沢三昧、たらふく喰いまくった宴のあとは、お腹を休めるべく、ちょっぴり質素にヘルシーに

それに、何から何まで面倒をいとわず、手間ヒマかけて丁寧にイチからゴージャスなディナーを作ってくれた外人の労をねぎらい、翌日くらいはそれほど手間をかけずに出来るものを・・・・・って思い、リクエストしてみたよ  ←てか、さらに翌日も作らすんかい

16 - 2 - 28 - 0
カルビのせうどん

とは言いつつも、やっぱりソコは出汁外人 { イチからとるよね~

クリアで全く雑味のない出汁が、
とんでもなく深すぎるぅぅぅぅぅぅぅぅ { 日本海溝以上だぁ

そんな出汁の中で炊かれたキノコったら、キノピオおサルも泣いて喜ぶほど風味豊か

シンプル極まりない一杯のうどんは、それだけでもサルを満足させるに足るっていうのに、さらにのっかってますよプチ・贅沢

国産牛カルビ

上品な脂で、噛めば噛むほど味わい深く口の中に広がるの~~~

繊細極まりないおつゆのシンプルなうどんに、重厚感のビーフのコントラストがたまらないぃ { よくぞ出会わせてくれた

しかし、ちょっと休憩モードの外人レベルって・・・・・サルにしたらもはや
神の領域なんすケド~~~ { 理解不能

(外) : 「今回はうどん打ってないし、出汁とるのだって鍋に付きっ切りってワケじゃないし・・・なぁ」

いや、高級料亭レベルですから






~新調~

基本、水・コーヒー・ワイン (←味噌汁やスープは食事とカウント) 以外は飲まない我が家。

そういうわけで、ワインだけでなく、コーヒーもこよなく愛し、日々ステキな豆との出会いを求めるサル&外人

エチオピアやらルワンダなんかのアフリカ系に、ブラジルやらコロンビアとかの中南米、最近のヒットは、パプアニューギニア { オーガニックや特定農園100%だったり

そんなステキコーヒー豆を外人に挽いてもらい、サルがドリップ、外人の手作りデザートと共に優雅に午後のひと時を過ごす・・・

でもね、こんだけ素材やら何やら徹底してるってのに、肝心のコーヒーメーカーが安モンの年季ものではねぇ { 以前、ネコさんに落とされて壊れちゃったものの、その後もずいぶん粘って使ったわ

っつうことで、コーヒーメーカーをリニューアル

16 - 2 - 28 - 1

うん、コレで午後のコーヒータイムがますます充実すること間違いなしよ

今度のヤツは、濃さの調節が出来るだけじゃなく、保温の温度調節も出来るんだよ~ { 絶妙な温度調整で、煮詰まりも防いでくれるし、自動的にオフできるし、アタマいいんだから

それに、大容量の14カップ抽出可能 { たくさん楽しめるよ~  ←さすがに14杯は飲みませんが・・・

飲みきれない分は、携帯カップに入れて、サルのお供にするんだもんね~

16 - 2 - 28 - 2

って、まったく聞いてませんよね・・・・・ { 興味ありげなカオしてたクセに


{ 歯ごたえが絶妙ミャよ~



<コーヒーメーカー> ←サル的信頼のブランド・クイジナート♪

★☆【国内正規品】クイジナート Cuisinart コーヒーメーカー ブリューセントラル 14カップ Brew Central CBC-5200PCJ



【 2016/02/29 (Mon) 】 猫と飯(和) | Comment(4)

実は・・・





去る (←サル?) 2月25日は、何を隠そう、わたくしサルめのうんじゅうぬん回目のお誕生日  ←数年前から数えられなくなりました

つうことで、いつもの週末スペシャルを前倒しして週の後半、木曜から

サル生誕スペシャル~~~

最近、我が家のイベント毎 (外人生誕祭2周年記念) に登場してるのが、ボルドー第5級格付けシャトーの華々しい顔ぶれ

つうことは、ボルドー好きのサルのために、あいてるのはもちろん・・・・・

16 - 2 - 25 - 00
シャトー オー バージュ リベラル 2004

格付け第5級、産地はポイヤック

・・・・と言っても、よく考えたら、なぜか毎年、サルの誕生日は決まって 『ピノ・ノワール 』 じゃありませんでしたっけ (←いや、ボルドーが好きなのは本当なんですけど・・・)

(外) : 「そう思って、ワシントンのピノ用意してたんだが、やっぱりキープしておきたくなってね

なるほど、それで急遽、サルの好きな 『ボルドー』 が登場したのですね~ { 大歓迎ですよ

さて、まずはその芳醇な薫りを存分に堪能しましょ

熟したレッド系ベリーの華やかさに、チョコレートやコーヒー、森の・・・湿った土のような { 申しぶんない

口に含むと・・・、うん、まだまだ閉じてるが、エレガントでバランスがいい { 若いね

12年が経過しているというのに、まだまだ熟成の余地を残す楽しみなワインですよ { 明日は、もうチョット開くな、コレ

さぁ、ボルドーといえば、外せないテッパンはやっぱりチーズよね

16 - 2 - 25 - 01
ピエダングロア

マイルドなウォッシュタイプのチーズ

クセが少なくて、バランスがとってもいいから、キツイのが苦手な人でも楽しめそうな逸品

もちろん、ワインとの相性もいうコト無し

外人のむちゃウマバゲットに塗りたくって楽しんでいると、やってきましたよ、
外人プロデュース・スペシャル・バースデー・ディナー


16 - 2 - 26 - 0
カネロニ

筒状に巻かれた外人お手製パスタ生地の中にはリコッタチーズ、そこに、これまた外人特製トマトソースを纏わせオーブンで仕上げたっつう、外人渾身の一品

やさしい酸味と甘みのトマトソースに、リコッタチーズのフレッシュ感、手打ちパスタの歯ごたえがもぅ、たまらん { シアワセな気分

手の込んだ、妥協のないお料理が、しょっぱなからサルを虜に~ { 何本でも食べたいぃ~~~

と、夢中になっていると、早くも次のお料理の準備が出来てる~

それでは、サル生誕祭のメインでございます

16 - 2 - 25 - 0
シャラン鴨のロースト ポルトー&バルサミコソース

出たーーーーーー  ←興奮MAX

サルが 『トリの中のトリ』 として止まない、キング・オブ・トリ

しかも、そんな鴨の中でも世界一の名を欲しいままにしている 『シャラン鴨

肉質のしまり具合といい、味わいの深さといい、これぞキング { 焼き加減も見事なミディアム

そして、ポルトーワインとバルサミコ酢で贅沢に仕上げたこのソース・・・・・・
超濃厚 { 甘みが鴨を包み込むの~

そっか

サルには鴨・・・みたいな構図が出来上がってるもんで、鴨にテッパンなピノ という計算のもとの例年のマリアージュだったワケか?!

にしても、今回のボルドーは、しなやかでエレガントなボディをしているので、鴨にもイイじゃ~~~ん

感心しながら、舌鼓をうつサルのもとに、いよいよ〆のデザートが運ばれてきましたよ~

16 - 2 - 25 - 001
ティラミスケーキ

最後の最後まで決して手を抜くことのない外人

今回のケーキも、イチから作っちゃったよ~ { どんだけ~

その徹底具合ったら、スポンジから焼いたのはもちろんのこと、使ったコーヒーは豆 (ニカラグア産) から挽いてドリップ、合わせてコーヒーのリキュール・カルアでさらにリッチに、サンドされたクリームもマスカルポーネと生クリームを贅沢にふんだんに

ひとくち食べたら、なんじゃこりゃ~~~~~ { こんなウマイもんが存在するのかッ

お腹いっぱいだったはずなのに、そんなんカンケーねぇってノリで、もう一切れ食べたいんですけどぉ { いろんな意味でヤバイ

(外) : 「・・・・・・・いいよ。今日だけ特別ね」

やったーーーーーーって、アレ

外人も食べるの { そんなに食べて、大丈夫?!

(外) : 「うぅ・・・・・・・、やめておくべきだった orz...」







~祝って~

サルのお誕生日の25日の昼下がり

猫の皆さまにもお祝いしてもらお~っと { まずはチビッこいのから

ねぇねぇ、今日、サルのお誕生日よ~

16 - 2 - 25 - 1

全く見向きもされない・・・・・ { ひたすら紐かじってる

ま、妹にゃんはまだ一回目のお誕生日も迎えてないし、何がなんだかわかってないもの、ムリも無いわね~

気を取り直して、サルのファンのこの方に祝ってもらいましょ

お~い、ネコ さ~~~ん { ドコ行った?!

16 - 2 - 25 - 2

ゲッ にらまれた

えぇ~~~ん、コワいよぅ { お誕生日、お祝いしてもらおうと思っただけなのにぃ・・・


{ んなコトで日向ぼっこのジャマしニャいでよ



<格付け第5級> ←クラシカルポイヤック♪

シャトー・オー・バージュ・リベラル [2004] AOC・ポイヤック メドック格付第5級 Chateau Haut Bages Liberal [2004] AOC Pauillac 【赤 ワイン】






<ウォッシュタイプ> ←バランスが良くて美味♪

★即納★【COSTCO】コストコ通販【Le Pie Angloys】ピエダングロア チーズ 200g(要冷蔵)



【 2016/02/28 (Sun) 】 猫と飯(コース) | Comment(10)

伝わるのか?!





この、サルを心底楽しませてくれたお料理 №1といっても過言ではないもの、
それは・・・


なべ~~~

今年に入ってから、トリ団子鍋に始まり、味噌なべ、クリーミーシチュー鍋、ポトフ鍋、他色々・・・・・と、アップこそしていないものの、実は週一のペースで登場していた外人特製鍋料理

外人がイチから丁寧に出汁をとり、その鍋毎に味のバランスを計算しつくされた厳選素材のみを使う、それはもぉ芸術的な鍋の数々 { 想い出すだけでヨダレが・・・

そんな週一鍋をたまには載せてみよっかな~って { 鍋曜日

というコトで、今週のお題はコチラ

16 - 2 - 23 - 0
トマト鍋

外人の大好きな野菜ベスト3に入るとも噂されるトマトが、ココへ来て鍋の主役に~~~

美味くないワケがないわーーーーー

ただ、を入れちゃうとグテッとなって、見た目のおいしさが半減しちゃうんで、ココからはサルの食レポのみでお伝えします { 乏しい表現力でガンバリまッす

が通ったら、我先にと箸を伸ばすサル  ←作ってもないクセに

カボチャの甘みトマトの酸味、豚のウマミに出汁のコク、
どれをとっても
バランス~~~ { んめぇ、んめぇ・・・

あれよあれよとなくなる具材たち・・・・・・、
すると待機していた第二弾のお野菜達が投入されるぅーーー


第二弾は、具材の構成比率が変わるからか、出汁がより一層凝縮されるからか、最初とまた表情がちがうのよねぇ { おいし、おいし・・・

んでもって〆は、最近の我が家の定番、雑炊で { ひと鍋で3度ウマイ

リゾットを作らせたら右に出るものはいないほどの外人の腕で仕上げる鍋の〆は
リゾット風雑炊
{ いや、リゾットって言うと 『違うッ って怒られるんすよね

チーズとバターを投入し、鍋の〆とは思えぬ華麗なワザで仕上げていくの~ { 手さばきがすでに高級リストランテ~

出来上がった雑炊の米つぶ一粒一粒が、まるでダイヤのような輝きを放っているよ { う、うつくしい

そして、アツアッツのまま、ひとくち口に運べば・・・・・

ヤバすぎるーーーーーーーーーーーーーーー { 美味メーター振り切れるわ

ベースの出汁はもちろんのこと、各素材のウマミが出尽くしたおつゆをギュッと吸いまくった米のうまさ、通しの絶妙さと言ったら、想像をはるかに超えている { この〆の為に生きてきたといってもイイよ・・・

これだから、外人鍋はやめれない { よ、終わらないでおくれ~  






~共に興じる~

部屋の隅っこに群がる猫たち

なんか盛り上がってるようです { 何してんのぉ

16 - 2 - 23 - 1

何かをくわえるネコ さんと、物欲しげにソレを眺める妹 にゃん

いつもなら、ネコ さんが遊び始めた瞬間に、どっからともなくスッ飛んできて、目にもとまらぬ早ワザでオモチャを横取り、または妨害をする妹 にゃん & その結果、遊びモード喪失のネコ さん・・・・・なのですが、珍しく何事も起きていない { タイミングを見計らっているだけなのか?!

16 - 2 - 23 - 2

にゃんが目の前にいるにも関わらず、気にせず遊び続けるネコ さんってのも珍しいよね・・・・・ { 妹 にゃんに至っちゃ、応援し始める始末

そんなに夢中になれるなんて、よっぽど気に入ったオモチャなんですね { 不動の №1おもちゃのカボチャ に続くお気に入り登場か?!

16 - 2 - 23 - 3

およ

ソレって、いつぞやに紛失したゴム (←扇風機の底の部分についてたヤツ) じゃないですか { 見つかったの?!

てか、妹 にゃんは、ターゲットが小さくてなかなか横取りできないでいたってコトか・・・・・ { チャンス到来


{ あ・・・・・盗られた
【 2016/02/24 (Wed) 】 猫と飯(洋食) | Comment(0)

合わせワザが止まらない





ニャン・ニャン・ニャン の猫の日

・・・の2/22ですが、今日もほぼ一日サル不在ということもあり、なんのイベント性もなく、別段かわりない日になっとります { ネコの皆さん、ごめんよぉ

とは言え、今日が何日かなんて知ったこっちゃないっつぅ彼女ら、一切気にする様子もないので、いつものように週末スペシャルのレポートから参りま~す

16 - 2 - 21 - 00
コート・デュ・ローヌ  レ・ドゥー・アルビオン・ルージュ 2013

フランスはローヌの歴史あるシャトー 『サンコム』 の赤ブレンド

やや この名前、聞き覚えがあるぞ・・・・・・

(外) : 「ここのワインは、ちょっと前に赤と白の2回飲んだことがある。どちらもいいワインだった」

そうか

夏の終わりに2週連続であけた、あのステキワイナリーかぁ { 確かに、好印象だったよね~

今回は、南ローヌを代表する4種の葡萄たちのブレンドですね

(外) : 「さて、お手並み拝見、ノーズは何があるかな?」

ぬぅ、いきなりソムリエ外人先生の抜き打ちテストだぁ

真剣に嗅がなければ・・・・・・ { クンクン、クンクン・・・

えっと、花・・・・・・だよね、なんか紫の・・・これってスミレ・・・・・・かな

(外) : 「おお!!大正解」

そのほかには、ブルーベリーとか、・・・・・なんかっぽいような雰囲気も感じるよ

(外) : 「パレットは、ブラックオリーブやクローブ・・・」

チェリーもあるよね・・・、あと、ベルベットのようなニュアンスも

けっこうタンニンが強めだし、まだ若いのかな { ミディアムプラスってとこかな

(外) : 「そうだね。それに、スパイシーなロングフィニッシュだ。最近、ワインとの向き合い方が良くなってきているね」

外人大先生のおかげであります { わ~い、褒められた

さて、今回も初日からなかなか好印象の 『サンコム』

このワインに合わせたのが、コチラの一皿

16 - 2 - 22 - 0
ラム肉のサフラン白ワイン煮

おっさ~れ~~~ { 南フランスを彷彿とさせるわぁ

骨付きのラムチョップは、トロけるほどにやわらかく煮込まれているのぉ

決して嫌味ではないラム特有の香りに、ほのかなサフランの香りが合わさって、
世にもエレガントなハーモニ~~~

もちろん、ワインともナイスな掛け合いを魅せてくれているのだが、
なんと言っても、外人お手製のオリーブが
ビンゴ { ワインもオリーブの味がするもんね~

あぁ、今宵も、気分だけ南フランスにトリップだわ~



そして、翌日。

実は先日、またしても食材の旅に出かけておりまして、上記のラムもソチラの戦利品なのだが、もひとつ、外人がいたく感動した商品と出合ったの

2日目は、外人の心を鷲づかみしちゃったその素材を使って、驚愕の合わせワザをせてくれたのであります

16 - 2 - 22 - 01
スパゲッティカルボナーラ

その素材とは、何を隠そう 『ベーコン』

原材料の欄が、な、な、なんと 「豚・塩・砂糖」 のたった

そのおいしさときたら、外人が 「まるで手作りみたいだ」 と絶賛するほど { プロセスミートの鏡

素朴なのに、深くて、しっかりとしたスモークの風味で、こんなベーコン初めて

そして、なにより驚きなのが、外人が好んで食べないはずのカルボナーラを自ら作りたいと言わしめた、ベーコンのそのポテンシャルの高さ { スゴイことだよ

久しぶりに外人のカルボナーラが食べられるサルとしては、願ったり叶ったり { 何年ぶり?!

ムチャクチャ濃厚なソースがパスタに絡み付いて、
うま過ぎるぅぅぅぅぅぅぅ { ベーコンの風味も最高

さらに、もうひとつ度肝抜かれたのが、ワインとの相性の良さ

いやはや、トン (豚) でもないゾ、このコンビネーション

毎週、よくも、まぁ、こんなに多彩マジックを魅せてくれるもんだ






~寂しい?~

週末、朝から出動し、昼飯に戻ってくるとは言え、食事が済むとすぐさま出て行き、夜まで帰らぬ日が続いたサル

それが原因なのかなんなのか、すこぶる機嫌のよろしくない方が・・・・・

16 - 2 - 20 - 1

外人の話によると、昨日は一日元気がなかったらしいじゃない

最近ローテーション入りしたばかりの大好きなアボダームにもかかわらず、食が進まなかったって { サルが帰ってきた途端、平らげて、外人ビックリしてましたケド

そんなに、寂しかったのね・・・・・

16 - 2 - 20 - 2

またまた、強がっちゃって { そんなトコロも可愛いケドね

でも、安心して

今日からまたしばらくは、朝ゆっくりできるから { 思いっきり甘えていいのよ


{ ゆっくり・・・って、結局寝てるだけニャンか



<ローヌの名門・サンコム> ←ナイス・デイリー・ローヌ♪

【シャトー ド サンコム】 ジコート デュ ローヌ  レ ドゥー アルビオン ルーュ [2013] 750ml・赤 [CHATEAU DE SAINT COSME] COTES DU RHONE LES DEUX ALBION






<無添加ベーコン> ←外人も驚きの美味しさ♪

(クール便) WHITE SMOKE 無添加カウントリースタイルベーコン 400g1袋 1519円【 ホワイトスモーク COUNTRY STYLE BACON 100% OAK WOOD SMOKED オークウッド スモーク調理 デンマーク産プレミアムポーク 豚肉 無添加 素材 国産 Costco costco コストコ 通販 】



【 2016/02/22 (Mon) 】 猫と飯とワイン | Comment(4)

リッチな夜のお勉強タイム





いよいよ本格的な多忙期に入り、アッチへコッチへ精力的に飛び回るサル { 多い時には100km超え~

平日 (←通常のサルは、昼前起床 ですが) でも、比較的早い時間から出動し、いつもより遅めの帰宅でお腹もぺっこぺこ

そんなサルを世にも華やかな薫りで迎えてくれたのがコレ~~~ { ドアに吸い寄せられる・・・

16 - 2 - 18 - 0
バターチキンカレー

外人調合、無添加本格インドカレーだぁ

その華やかな薫りを裏切らない、弾けるフレ~バ~~~ { うんめ~

スパイシーな中の深~いコクまろやかさがサルを虜にするぅ { ネギとの相性もサイコー

(外) : 「北インドのカレーだからね、南よりずっとマイルドなんだよ」

そっか、南はもっと暑いし、腐敗防止のためにも沢山スパイス使うもんね { あと、辛い涼しくなるし

(外) : 「もちろんそれもあるし、北の方は昔から酪農が盛んで、クリームやバターを使用するからコクが出てリッチになるんだね」

なるほど、だから重さもあるし、お腹の満足感も高いのね~ { 今日もお勉強になるわぁ

要するに、にもってこいのカレーですね { 寒い夜にビンゴ

さぁ、お腹もふくれたし、お利口になったし、もぉ後は寝るだけだ・・・・・ { 明日も頑張るぞぉ









~出てる!!~

専用ケージ内3階寝床にてお昼寝中の妹 にゃん

16 - 2 - 16 - 1

いや~~~ん、ベロ出てるぅぅぅ { キャッワイーーー

このところ、めっきり出さなくなってきたから、こりゃ、貴重なショットですよ

シャッターチャンス、シャッターチャンス { 起きてベロ引っ込めちゃう前にね

16 - 2 - 16 - 2

ありゃ、起こしちゃった

寝てるときは、何があっても、基本、動じないコなんですケドねぇ { 敏感なネコ さんとは正反対で

ま、至近距離での撮影だったから、起きない方がおかしいってね・・・

16 - 2 - 16 - 3

アレ・・・・・・・起きたのにベロ、しまわないんだ { てか、寝ぼけてる


{ 出てたの気付かなかったのミャ
【 2016/02/18 (Thu) 】 猫と飯(インド) | Comment(2)

煮込みラッシュ





が来たのか?!

と、動植物たちも勘違いするほど暖かかった週末

サル家では、まだまだは終わらせませんよ~~~

というコトで、先週末はの陽気の中、の醍醐味
煮込みスペシャルーーーーーー

16 - 2 - 13 - 0
グラシュ (グヤーシュ)

ハンガリーが起源のヨーロピアンな煮込み料理

このは、トマトかと思いきや、実はパプリカパウダーなのだそう { ちょっぴりスパイシーに仕上がってる

そして、今回使ったのは、国産牛の 『ネクタイ』

前回はローストビーフでたいそう美味かったのが記憶に新しいが、これが煮込みだと、
さらにビンゴーーー

やわらか~な肉質のネクタイの深~いコクが滲み出すのぉ~~~

コレは、もぅ、ワイン無しでは語れないでしょぉ { ソムリエ外人、ヨロシク~

16 - 2 - 14 - 00
ダンハム・セラーズ シラー 2011

アメリカはワシントン州コロンビアバレーのシラー

ニューワールド好きなサルに合わせ、いつもより立派なお値段だが、同時に評価も高いこの1本をチョイス { 気になるぅ

シラーらしい濃い色合いのグラスからは、ブルーベリーやプルーン、かすかに植物の・・・・い草っぽいニュアンスも感じる。

ダークチェリーに、これって・・・・バニラ・・・、オークですね { 外人の表情が変わった ←バニラ臭を懸念

パレットも、ブラックチェリーに、あとは薫りの期待どおりで、やっぱりバニラもけっこうあるね

ただ、ニューワールドらしいっちゃらしいんだけど、やりすぎ感が無いのよ { フルパワーかと思いきや、意外に繊細で甘みも強くない

(外) : 「今日はオークが勝っちゃっているが、まだ若そうだし、明日以降に期待だな」

ということで、翌日にもちこしましたーーー

16 - 2 - 14 - 0
ドライポルチーニとポークの煮込み

再び登場、 『ザ・キノコの王様』 ポルチーニ

風味の良さは天下一品 { 嗚呼、薫りに溺れそぅ

そして、贅沢な薫りをこれでもかッと放出してる皿の中から出てきたのは、
信じられないほどやわらかく煮込まれた豚さ~~~ん


見た目こそ固形物だけど、離乳食かッ?!ってほどやわらかで、繊維がほどける { たまらんわ

そうそう、それで前日のワインがどうなってるかってーと、支配的だったオークの香りが落ち着いて、バランスがとれてる { スムーズ

さらに、お料理との相性もバツグン

フルボディのパワフルなシラーだったら牛肉で間違いナイかもしれないけど、このくらいスムーズでミディアムな印象だと、かえって豚さんの方が寄り添えるのね { さっすが外人ソムリエ

昨日は若干、眉をひそめていた当の外人はと言うと・・・

(外) : 「結果、いいワインだった」

ご満悦のご様子 { あの、バニラ臭嫌いな外人をうならせたよ






~バトル開始~

いつものように、ヒーターの前でをとるネコ さん

そこへ、またまたチョッカイかけに来た妹 にゃん

当然、ネコ さんから怒りの鉄拳をくらう

そして、バトルが始まる

・・・・・と言ういつもの流れ { 懲りないよね~

まわり込んでヒーターの陰から狙いを定めようとするネコ さん・・・・・だったのですが、なんか様子がヘン

16 - 2 - 13 - 1

先ほどのネコ さんの一撃がクリティカル・ヒットだったのか、完全防御の妹 にゃん { 戦意喪失か?!

てか、ソレって、隠れたことになりますかねぇ

16 - 2 - 13 - 2

出た 必殺、死んだふり

自分から仕掛けたくせに、形勢が不利になると、こうやって油断させて奇襲するのが妹 にゃんの戦略なのです { なんて卑怯なんだ

どうでもいいケド、パズル (マット) 、元に戻しておいてよね~ { いっつもバラバラにするんだから


{ 何のことミャ~



<ニューワールド・シラー> ←いいワインです♪

■ダンハムセラーズ シラー[2011]ダンハム・セラーズDunham Cellars Syrah[2011]【出荷:7~10日後】



【 2016/02/15 (Mon) 】 猫と飯とワイン | Comment(0)

炸裂!! 秋の味覚





先日、ご訪問先でお~っきなさつま芋をいただいてきまして

栗の次は、さつま芋・・・・と、このところサル家ではの味覚が続々登場

もうすぐだというのに、季節を逆行しての素材たちに、果たして外人はどんな反応を示すだろうか

(外) : 「あぁ、イイね。じゃ、このさつま芋使って、何か作ろう」 ←意外にもアッサリ・・・

って、こうなったのでーーーーす

16 - 2 - 10 - 0
チキンとさつま芋のホワイトシチュー

クリーミーでリッチなコクのホワイトシチューに早変わり

今回は、いつものウエスタン・スタイルではなく、ジャパニーズ・スタイル寄りのこってり気味に仕上げたという外人

濃厚なのに、市販のルーのように口に残るイヤな感じが全く無い { YES 無添加

この深みは、外人お出汁 (チキン) の成せるワザですね { 立体的でバランスの整ったウマミなのに、どこまでもやさしい

そんな究極のホワイトシチューに投入されたさつま芋が、これまた
究極に甘くてうまーーーーーーーーい { イイ芋だ

そういえば、実は、一緒にちっちゃめの白菜も頂いたんだけど・・・ { あんまり白菜って使わない・・・よね?!

(外) : 「じゃ、今度は鍋にしよう。こんな感じの味がベースのクリーミー鍋とかどう??」

イイ、それイイーーーーーーーーー { 大賛成

出汁がきいて止まらないウマさの外人鍋・・・・もぉ、妄想だけで、
メロメロよぉ~~~







~ネコさんの嗜好~

ネコざる外人会議にて、ネコの権利宣言が採択されたのが、およそ2年前。

以来、良質なタンパクが豊富で、さらに防腐剤や添加物を極力使わない、自然で安全な原材料 (ヒューマングレード) を使用したグレインフリーのご飯の中でも、ネコ さんのお眼鏡にかなうものを

と、様々な高品質ご飯を試すこと数ヶ月・・・、世界的にも最高評価の 『オリジン』 を経て、よりネコ さんの嗜好に合う姉妹品 『アカナ』 のパシフィカ (←左側 『ネコさんのお勧め♪』 上部バナー) に落ち着いた昨今。

最近、チョット飽きてきたみたいなんですよね~ { 別に、キライってワケじゃなさそうなんだけど、同じ味が続くとね・・・

ネコ さんの好き嫌いにも考慮しつつ、大BEN 的問題の無いようにもちろんグレインフリーで、今後ローテーションに組めそうなものは・・・・と熟考し、今回ご用意したのが、コレ

16 - 2 - 10 - 1

お、早速チェックにやってきましたね

お魚は好きでもサーモンは苦手、鶏は好んで食べるほどでもないし、ラムはニオイがチョットね・・・っておっしゃるネコ さん { 最近、ますますグルメになってません

トリと言えどターキーは、そしてお魚の中ではニシン系を好んで召し上がるっぽいので、”ターキー”と”オーシャンフィッシュ&チキン”の2種類をご用意させていただきましたよ { この2種類はグレインフリーだったしネ

お気に召してもらえましたか~

16 - 2 - 10 - 2

自分も検品係の端くれ とばかりに、まわりでチャワチャワしていた妹 にゃん

ついに叱られた { そして、すごすごと退散

が、しかし、ネコ さんがチェックを済ませ、どこかへ行くと・・・・・

16 - 2 - 10 - 3

戻ってきました { だよね~

そして、さっきはネコ さんがいたため存分に出来なかった検品を再スタート

16 - 2 - 10 - 4

ずいぶんアグレッシブな方法ですね・・・・・・ { アタマごと突っ込んでる

あわよくば、袋ごと食べようって魂胆なんでしょうけど・・・、どうせ届かないから無駄な試みはおよしなさい { 袋ひっくり返して中身ばら撒いて、今度は外人に叱られても知らないよ


{ このニオイちゅき~




<アボダーム・グレインフリー> ←ネコさんの喰いつきがスゴイ♪

【正規品】アボダーム キャット ターキー 400g 成猫用 穀物不使用 グレインフリー 健康な皮膚・被毛サポート キャットフード アボキャット






<アボダーム・グレインフリー> ←コッチはお魚とチキン♪

【正規品】アボダーム キャット オーシャンフィッシュ&チキン 400g 成猫用 穀物不使用 グレインフリー 健康な皮膚・被毛サポート キャットフード アボキャット



【 2016/02/12 (Fri) 】 猫と飯(洋食) | Comment(6)

逆戻りした冬には・・・





なんかここんところ、また急に寒くないっすか

最近、チョット穏やかな気候になって、の気配を感じるなぁ・・・なんて思っておったのに { に逆戻りじゃい

でも、まぁ、にはの楽しみ方があるわけで

こういうあったかスープが楽しめるのも、醍醐味なのでございます

16 - 2 - 09 - 0
ミネストローネ

お野菜たっぷり、栄養満点あったかミネストローネスープ { 寒い夜にうれしいねぇ

腹ペコサルも大喜び具沢山な食べるスープなので~~~す { わーい

今回も、例によってじっくり丁寧にとられた外人出汁のやさしい風味の中で、野菜達がそれぞれの個性を余すところ無く発揮しちゃってる


そしてさらに、スープに IN してる、見覚えのあるパスタは、あのカラフルコンキリエ

パスタのプリッとした食感がアクセントになってるの

温まるだけでなく、お腹にも味覚にも、非常に満足感の高い一杯なのであります { あぁ、シアワセ

こんな醍醐味あじわっちゃうと、やっぱり、もうチョットだけが続いてくれてもいいかなぁ~なんて思っちゃうの

(外) : 「いや、もぅいいよ・・・・・」 ←寒いの大キライなヒト







~通れミャい~

先ほどから、ドアの前でジッと佇むネコ さん

どうしたことかと近寄ってみると・・・

16 - 2 - 09 - 1

隙間から手

いつの間にか廊下に出てた妹 にゃん、サルに気付かれずに閉められちゃったのね { いつもなら、猫のみなさまが通れるように少しだけ開けておくんですけどね

面白いから、チョットそのままにしておこっと { ネコ さんみたいにドア開けれるようになるかもね

16 - 2 - 09 - 2

わッ、出たッ 妖怪

なんかメチャクチャ必死で、怖いよぉ・・・・・

アタマの小さな妹 にゃんですが、さすがにこの狭さではムリですか・・・ { 開けるワザを習得しそうもないし・・・

16 - 2 - 09 - 3

さっきから静観してたネコ さんでしたが、特に助けてあげようとか言う気は無いようです { やっぱりね


{ 生きる厳しさを教えてるのニャ



<5色コンキリエ> ←色々使えて楽しみ方自由自在♪

ダラ コスタ コンキリエ(5カラー) 250g【楽天24】[ダラ コスタ コンキリエ パスタ]



【 2016/02/09 (Tue) 】 猫と飯(スープ) | Comment(2)

大検証!!





やってきました、週末スペシャル~~~

今回は、セールで見つけたお値打ちローヌの赤

お料理と一緒に楽しむテーブルワインにイインでないの

ってことで、さほど特別な期待もせずにオ~プン

16 - 2 - 07 - 00
シャトー・デュ・トリニョン コート・デュ・ローヌ 2013

ボディは重たすぎないライトめのミディアムで、予想通りノーズもパレットも特筆することがない、万人ウケしそうなテーブルワインですね { なんにでも合いそうな感じ

今回は、いかにこのワインがどんなお料理ともイケるのかを大実証 { わ~い

まずは、お肉料理代表といえば・・・・コレ

16 - 2 - 07 - 01
ハンバーグステーキ

これぞ、テッパン肉料理

照りっと輝く外人特製ステーキソースをまとったハンバーグの、
なんとジューシーなことかぁぁぁぁぁぁぁ { 肉汁あふれるッ

チキンブロドー (鶏出汁) 、トマトペースト、ポルトーワインにハンバーグの肉汁、バターで仕上げたというこのソース、ハンバーグの潜在的なウマミを
ますます惹き出すじゃぁないかーーーーー { ワインとの相性バッチリ

付け合せのポテトフライは、旧サル十八番 (←2回くらいしか作ったことないのに・・・) の揚げないポテトフライが、さらに食べやすく細切りカットに

これも、この絶品ソースにつけて食べちゃうもんね~ { やめられない止まらない

ってことで、大検証第一日目、グリル代表のハンバーグの結果は、言わずもがなの { BBQ とかにも合いそうね

続きまして、煮込み料理代表のコチラ

16 - 2 - 07 - 0
栗と鶏肉の醤油煮

なんと、醤油ベースの煮物ですッ

外人の手にかかれば、醤油の煮物ですら、なんだかオシャレ上品な洋風料理に思えてくるから不思議

まず、栗・・・・・・・・うんま { こっくり甘くってクセになる

この栗独特な甘みが、ワインと合う

甘いといえば、驚きの甘みせてくれたのが、母上作:雪下人参

甘みがハンパ無いし、
コレが一番ワインに合ってるんじゃないかっつぅ更なる驚き
{ 双方の風味がまろやかに広がるの

もちろん、サルの大好物・トリさんのやわらかさとウマミといったら、超ド級

というか、やっぱり言われなければ、醤油ベースだと気付かないくらい、洗練されて外人ナイズされているよ { ヨーロッパの田舎の煮込み料理みたい

ワインに合うジャパニーズ煮物なんて想像だにしてなかったケド、またしても食の新しい扉を開いちまったね







~憑依?!~

今日も、窓辺に集まる・・・・・・・・・・・・おや

今日はネコ さんだけ・・・・のようですね { 妹 にゃんがいないなんて、珍しい

さぞ、のびのびと日向ぼっこを満喫中なのでしょぅ

ねぇ、サルもま~ぜて { 久々結成、ぼっこ隊

16 - 2 - 07 - 1

え゛ぇ゛ーーーーーーーーーーー 何そのカオ?!

チョットちょっと・・・・・、アナタ、キュートなお顔が台無しよ・・・・・・・

どこの般若か鬼神が乗り移ったのって顔してたよ { おそろしや

16 - 2 - 07 - 2

えぇッ

たった今、ものすんごいカオしてたっしょや { しらばっくれてる

意識の高いネコ さんだから、油断した表情を見られたのを認めたくないのでしょうが・・・・・ { 証拠写真もバッチリ残ってるよ


{ 肖像権の侵害ニャ



<ローヌ・赤> ←何にでも合わせやすいテーブルワイン (ヴィンテージ違い)♪

シャトー・デュ・トリニョン コート・デュ・ローヌ 2007 750ml Chateau Du Trignon



【 2016/02/08 (Mon) 】 猫と飯とワイン | Comment(2)

サル2割増し





いつの間にか、一週間が終わってしまうぅぅぅ・・・  ←サル絶賛シーズン期間につき、ランダムなスパンでお送りしております

しかし、週末スペシャルの到来の前に、一回くらいは食レポをはさんでおこうではないか { 実際は、1回じゃ済まないほどのクオリティの飯が登場しまくってますが

今週お送りできなかった、その他諸々の幻メニューは、いつかの機会のお楽しみということにして・・・・・・

今晩はコチラ

16 - 2 - 04 - 0
タンドリーチキン

タンドールからたった今、焼きあがって出てきたかのような
アツアツジューシーチキ~~~ン { キャー、トリ~

ソレが、オシャレにも、イエローライスの上、
しかも上品レタスの絨毯を敷いて
鎮座しておるぅぅぅぅぅぅ

見た目だけで、ウマイ決定ーーーーーーー  { ずっと眺めていたい鮮やかさ

いやいや、とは言っても実際食してみないことには、真のウマさを体感できんじゃないかぁ { いざ、お口へGO

ふぉ~~~~~~~~

期待を全く裏切らない・・・、というより期待以上のお味ーーー { まじウマ

ジューシー極まりないトリとレタスのシャキシャキした歯ごたえの
コントラストの


スパイシーなカレー味がますます食欲をそそって、
イエローライスが止まらない~~~~~

久々の更新に、ウザさ2割増し のサルではございますが、
この感動にウソ偽りは皆無なのでございますよ


もはや満足を超えた、スーパー満足

(外) : 「その表現、なんか言葉的に間違ってないか・・・・・?!」






~オモチャの行方~

ねぇ、アナタ専用のボール、いくつもあったのに、一個も見つからないのだけど・・・

一体、どこやっちゃったのよ { 失くすの名人よね・・・

16 - 2 - 04 - 1

いつも、外人に探させてさぁ、いい加減もぅ、メンドクサイって言ってたよぉ { さっき失くしたのなんか、まだ出して数時間しか経ってないってのに・・・。

それに、外人情報によると、アナタ、遊びに疲れてくると冷蔵庫とかセラーとかの後ろの絶対届かないところに隠すんだって { 毎度毎度、冷蔵庫動かして引っ張り出す外人の身にもなってあげなよ

ネコ さんみたいに、遊び疲れたら、水没させる (←息の根を止めてる?) なら、いちいち失くさなくてすむのに { どうせ隠した後、自分でもどこか忘れるんでしょ?!

ってか、ネコ さんと言えば、彼女が遊び出すと、決まってオモチャ横取りするわよね { 最近のネコ さんお気に入りのゴムのヤツも、奪って隠そうとしてたよね

16 - 2 - 04 - 2

なるほど、するとこういうことですか

アナタは強奪してるつもりはこれっぽっちも無いんだが、ネコ さんが楽しそうにしてると、自分もソレが欲しくなっちゃって、だから一緒に遊ぼうと思うんだけど、ネコ さんが身を引いちゃうから、結果、横取りしたみたいになっちゃうってコトね


{ ワザとじゃミャ~~~よ
【 2016/02/05 (Fri) 】 猫と飯(インド) | Comment(2)
Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!