美食生活な異文化交流

1212345678910111213141516171819202122232425262728293031

素材活用術!!





尋常じゃない寒さのピークは越したといえ、かといってが来たわけでもなく・・・

まだまだ、寒いじゃないかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

いや、ビックリするほど寒かったんで、チョット感覚が麻痺しちゃってたみたいで、
暖かくなって良かった~ なんて調子こいたら、
まだ全然サブいじゃん

・・・という、独りツッコミをしているサルです

そんな本日の晩ご飯

16 - 1 - 28 - 0
ビーンズと小松菜のクリームソースコンキリエ

このコンキリエ、楽し~

ほうれん草の・ターメリックの黄色・ビーツの・イカ墨の・そしてプレーンの5色のバリエーション

色だけじゃなく、味もそれぞれに個性があって美味しい { 食感もイイね~

そして、そんな鮮やかなコンキリエになんと、
小松菜という
驚きの組み合わせ~~~ { 斬新

小松菜なんて久しぶりに食べるけど、コレって、日本の食材よね・・・ { 外人がイタリアンに使った・・・。

それが、ビックリするほどあうんですッ

それもそのはず、小松菜ってアブラナ科だから、カブのようなやさしい風味で他の素材との調和を乱さないのね { 今が旬だし~

そんな小松菜が、これまたやさしいお豆さんたちの風味と共に、クリームソースに包まれ、一体に

異国の見知らぬ素材をココまで使いこなすとは・・・、
やっぱりタダモノじゃないな、外人







~お食事風景~

サルと一緒じゃないと断固としてご飯をお召し上がりにならない、寂しがりやのネコ さん。

どんなにお腹がすいてても、サルが帰ってくるまで、・・・いや、サルが食卓につくまで自分も食べようとはしません { サルより礼儀正しいわ

対照的に、野生育ちで独立心旺盛な妹 にゃんのお食事風景は・・・

16 - 1 - 28 - 1

単独で召し上がってます { まぁ、普通そうだよねぇ

食べること・遊ぶこと・寝ることが大好きな妹 にゃんは、そのどれをしているときも常に全力です

先ほど、外人によそってもらったご飯、カメラも気にせず、一心不乱に喰いついてる

ちょっと休憩はさんだらいかがですか~ { フードファイターじゃないんだから・・・

16 - 1 - 28 - 2

うん、見ればわかるよ

コチラを見やったかと思うと、すぐさま顔を皿に戻し、再びまっしぐらに食べ始める妹 にゃんなのでした


{ アッチにまだあるミャ~  ←狙われるネコ さんのご飯。



<5色コンキリエ> ←カラフル美味しい♪

ダラ コスタ コンキリエ(5カラー) 250g【楽天24】[ダラ コスタ コンキリエ パスタ]






<にゃんずのお気に入り> ←ヒューマングレードの最高品質で毛並みもツヤツヤ♪

ACANA アカナ パシフィカキャット 340g 《全猫種用 穀類不使用》【猫 キャットフード】



【 2016/01/28 (Thu) 】 猫と飯(イタリア) | Comment(2)

忘れかけていましたが・・・





歴史的な大寒波に見舞われたニッポン列島

ただジッと耐え忍ぶこと数日、ようやく日差しが暖かくなってきたところで
カムバーーーック ←これじゃ、サルじゃなくてクマだよ

みんな、元気だった

この世紀の大寒波が襲来している間、我が家では恒例、
週末スペシャルが執り行われていましたよ~~~

さらに、なんと昨日1/25は、当ネコ飯ブログの
2周年記念~  ←「え?更新サボったの??」・・・はい、返す言葉もございません

このところ、随分テキトーな更新頻度のブログになってしまいましたが・・・、
こんな気まぐれなまぐさおサルに付き合ってくれている読者のみなさま、

本当にありがとうぅぅぅ

そして、今後ともサルと愉快な仲間たちを
よろしくお願いしまっす { ペコリ

そういうわけで、今回の週末スペシャル

題して、2周年歴史的大寒波襲来スペシャル

16 - 1 - 25 - 00
シャトー カマンサック 2005

何十年に一度の大寒波に合わせたように登場したのが、
ボルドー第5級格付けシャトーの 『カマンサック』


外人生誕祭ぶりの第5級、またしてもグレート・ヴィンテージ { 産地はオー・メドック

2時間前にデキャンタージュされたこのワイン、薫りは、これぞまさしく
正統派ボルドー { 芳醇

ブラックラズベリーやクロスグリ、プルーンなどのブラックフルーツに、ダークチョコやタバコの雰囲気、そして乳臭さも。

口に含むと、やわらかにに広がる丸みのパレット。

酸味・甘みがほとんどなく、同時にキツ過ぎる嫌な樽香もない。

ぬぅ・・・・・、ただ、今がちょうど飲み頃のこのヴィンテージなハズだけど、あとから若干渋み・苦味が残るか・・・。

芳醇でしなやかなバランスのとれた1本だと思うけど、第5級格付けのグレートヴィンテージという肩書きをつけちゃうと、チョット普通で肩透かしを喰らう印象 { パレットが単一かなぁ

さて、そんなボルドー秀逸マリアージュせてくれるのが、コチラ

16 - 1 - 25 - 0
サンタンドレ

コレ、サルのチーズトップ10に入るほどの大好きなヤツ

なめらかクリーミー、バターのようなリッチなコクで、外人特製パンに塗ったら、もぅ、絶品

このくらい重たいのが、寒い日にはイイねぇ

もちろんボルドーとの相性バツグン { ふんわり果実味がでてくる

さぁ、続きまして、メインの登場です

16 - 1 - 25 - 01
ローストチキン

こんがりパリッと焼き上げられた皮の下は、
とんでもなくジュ~シ~なのぉ~~~

そして、付け合せのロースト安納芋のネットリ甘~いことと言ったら { 極み

ウマミ甘み極限まで惹き出されてるよ

シンプルに見えて、とんでもないぞ、この料理

寒さえてるハズなのに、思わず笑みがこぼれてしまうほどシアワセを感じる~ { 美味しいって素晴らしい

こうして、極寒の中、温かい気持ちで無事3年目を迎えることが出来たのであります







~コレは事件だ~

午後になると、窓辺にお集まりになる猫の皆さん

今日は、妹 にゃんが日向ぼっこしてたところに、
な、な、な、なんと・・・・・・・

ネコ さんの方からやってきたではありませんかぁぁぁぁぁ { コレは事件です

16 - 1 - 25 - 1

そろりそろりと近付くネコ さん

にゃんに近付かれて憤慨する事はあっても、ご自分からあえて近付こうなんてこと、あったっけ { あぁ、トイレに入る妹 にゃんを尾行して、オシリのニオイ嗅ぐ・・・とかならあるケドね

16 - 1 - 25 - 2

にゃんに向かって、ノビしてるよ { サルによくやるから、親愛のポーズだと思ってたんだけど・・・

いっぽうの妹 にゃんは、いつも自分が近寄って叱られているのに、思いもよらぬネコ さんの行動に戸惑い気味

16 - 1 - 25 - 3

そのまま腰を下ろしたネコ さん

この奇妙な一連の行動に、いぶかしげなサルでしたが、さすが妹 にゃん

そうか、遊びのお誘いだったのね { そういえばネコ さん、自分が遊びたいときだけは妹 にゃんを呼ぶのよねぇ


{ 素直にそぅ言えばいいミャ~



<ボルドー・オー・メドック> ←格付け第5級シャトー♪

【お取り寄せF1】 シャトー カマンサック [2005] 750ML (赤)






<白カビチーズ> ←とってもリッチ♪

《冷蔵》 チェスコ サンタンドレ 100g



【 2016/01/26 (Tue) 】 猫と飯とワイン | Comment(8)

極寒の中の偉業





ぬぅおぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・・・極限にさぶい

明日、明後日にかけ、さらにこれ以上寒くなるなんて・・・・・

ニッポン列島、だいじょうぶかぁぁぁぁぁぁ { チョット前まで暖冬って言ってたのにぃ

そんなワケなんで、我が家は寒さに対抗第3弾

今回は、お隣、あの国の激辛料理  ←もぅ、トコトン涼しくなっちゃえーーー  ←ヤケ?!

16 - 1 - 23 - 0
エビチリ

そうです、この記録的な寒波の中登場いただいたのは、『陳 外人』 さん

外はでも、の料理人健在です

ピリッとパンチの効いた辛さの中に、コクと甘さが絶妙なバランスでエビを演出

トロ~リ、チリソースをまとったエビを白ご飯にバウンドさせて・・・

んもぉ、サイコーーー { 本場越え~

こんなうまいエビチリが食えるなら、極寒も屁じゃないわ~ { どんな逆苦・境境も耐えしのげる ←いえ、ホントはヘタレっす



極寒といえば、こんなクッソサブイ中、キッチンで一人黙々と冷たいエビを剥いてたんだよね { ただでさえ、メンドクサイのに

それこそ、人間ワザじゃナイッ

その上、このウマさときたら・・・感謝でアタマが下がりまくりでございますよ






~学習能力~

あら

窓辺にて、珍しく寄り添うお二方

はじめに日向ぼっこしていたはずのネコ さんが、妹 にゃんの接近に憤慨しないなんて、一体どういう風の吹き回しかしら { いつもみたいに唸らなかったね・・・。

16 - 1 - 23 - 2

にゃんがネコ さんにチョッカイ出さなかったからですね

近付くときも、いつもみたいにネコ さんに挑む気マンマンじゃなかったのね { ネコ さん、気を読むのがうまいもん

16 - 1 - 23 - 1

ネコ さんも、接し方次第でご機嫌取れるってことよ

それに、並んでいても、ちゃんとネコ さんに背中向けているあたりが、学習しましたね { チョッカイ出されないとわかれば、ネコ さんもアナタのこと邪険にしませんよ

これからは、『仲良く日向ぼっこ』 の図にちょいちょい遭遇できるかしら


{ そろそろお姉ちゃんに触ってもいいかミャ  ←結局、この後いつもの小競り合いに発展するのであった
【 2016/01/23 (Sat) 】 猫と飯(中華) | Comment(0)

寒を楽しむ





さらにサ・ブ・イッ

もぅ、こうなったら、前回に引き続き、ホットな国のスパイシー料理で
寒さに対抗じゃ~~~

16 - 1 - 21 - 0
チキンブリトー

外人自らの手でほぐされたやわらかチキンに外人特製トマトサルサ、アボカドにビーンズ、キャベツが、これまた外人お手製の大判トルティーヤに巻き巻きされた
ビッグサイズブリトー

こんなにウマイものが、こんなに巨大で、なんたるシアワセ { さらにおかわりブリトーもあるっつぅ

サイズはでかいのに、味のバランスの繊細さと言ったら、ピカイチ

スパイシーなサルサと対照的にマイルドなアボカド、それにふんわりトリさんに対してキャベツの歯ごたえのよさ際立つ

うんめぇ、うんめぇ・・・まだある、ひょいパク

サブッ ←突然我にかえる

(外) : 「辛いものって涼しくなるからなぁ。だから南国はスパイシーなものが多い・・・」

寒さに追い討ち~

でも、そんなの関係なく、食べたくなっちゃう不思議な魅力があるのよね~ { オールシーズン・ウェルカム

つか、寒いときに涼しくなるってのも、醍醐味よね { 四季をトコトン味わう






~寒中掃除~

猫の皆様用お手洗いは、我が家の最南端・サル部屋にある妹 にゃん専用ケージ内と、最北端・物置部屋にある元ネコ さん用ケージ内の2箇所。

特に、人気が高いのが物置部屋のほう { ひと気のないプライベートな空間が人気の所以か?!

今日も、あのさんむい部屋のトイレ掃除 (←我が家でのサルの数少ない任務) をするべく、重い腰を上げるサル { 寒いのよ、あそこ 

すると、毎回必ずサルにお供して、物置部屋の極寒体験を一緒に味わうコが・・・

16 - 1 - 21 - 1

いつも、キーボードの上かサルの真後ろで、サルのお掃除が終わるまでジッとしてるんですケド、何の罰ゲームなんですかね

しかも、ノロマなサルが作業を終えるのって、普通の人の3倍くらいかかるの.....

ねぇ、こんな極寒の中、しかも長時間、何をするわけでもなく、なぜサルのこと待ってるの

16 - 1 - 21 - 2

・・・・・・・あぁ、そうっすか

わたしゃてっきり、こんな極寒の厳しい境遇の中ですらもサルに寄り添っていたい一心なのだとばかり思ってたわ・・・


{ 寒いから速くして
【 2016/01/21 (Thu) 】 猫と飯(メキシコ) | Comment(0)

華麗な一年に





むっちゃくちゃ寒-------ぃ

こんなに寒いのに、来週はさらにもっと寒くなっちゃうって・・・

どぉゆぅことぉ { 未知の次元

こんな時は、アツい国のお料理で、気分だけでもホットに~~~

16 - 1 - 19 - 0
キーマカレー

スパイシーインドカレ~~~

フルーティかつ弾けるフレーバーノックアウト寸前なサル

こりゃ、ウマイ まじ止まらん

(外) : 「新しいオーガニックカレーパウダーの功績もデカイよ。あれはホントにウマイ」

そうなのです

先週行ってきた食材の旅にて見つけた、更なる掘り出し物のカレーパウダー

苦味がなくてフレーバーがリッチで、とにかくウマイ { 全ての素材がオーガニックだというのに、驚きの大容量

このカレーパウダー、たっぷり何回分かわからないほどあるから、今年のカレー頻度が上がるね

(外) : 「今度はナンで食べようか」

わーーーーい、大賛成 { 美味さが想像できるモン

食べ終わる前から、すでに次のカレーも楽しみになっちゃうよぉ { ワクワク






~猫のオアシス~

猫の皆様専用にご用意している水飲み場は3箇所。

にゃんは、ノラ出身だからなのか何なのか、お風呂場や洗面台の残った水が大好き { なんか汚いなぁ・・・

猫はもともと自然界では動く水 (湧き水) を飲むっていうし、それならファウンテンで清潔な湧き水気分を味わってもらいましょう

と、これまでのオアシス (←普通の器) に加えて、動くお水をご用意したところ、この方の一番のお気に入りになったのが、ココ

16 - 1 - 19 - 1

にゃん専用ケージ内2階の普通の器の水・・・・・ { ファウンテンはネコ さんのお気に入りに

自分の本拠地だからなのか、わざわざココに飲みにのぼって来るの { 最近、ネコ さんはココで飲まなくなったしね

16 - 1 - 19 - 2

随分長いこと一気飲みしてましたケド、ここでようやく一時停止

ねぇねぇ、どうしてそんなにココの水が好きなの

16 - 1 - 19 - 3

あぁ・・・、ものぐさなところ、サルにそっくり { 目先のラクを優先


{ 類は友を呼ぶ・・・・・ニャ



<オーガニック・カレーパウダー> ←高品質なのにたっぷり使える♪

アロマティカ 有機ボンベイ スィートカレー粉 510g/costco/コストコ 通販/ボンベイ/スィート/カレー/エスニック/スパイス/香辛料/大容量/業務用/輸入食品/食品/調味料/おすすめ/人気/有機/BOMBAY SWEET CURRY/オーガニック/カレー粉



【 2016/01/20 (Wed) 】 猫と飯(インド) | Comment(0)

極寒でリゾート





早くも1月の半分が過ぎ、いつのまにやら週が明けて月曜日~ { はやいよぉ

我が家におきましては、恒例の週末スペシャルが催されていたワケですが、時の流れについていけず  ←サル年なのに更新サボリザル

年末に一度行った食材の旅が好評だったもんで、実は、先週も足をのばしてきてまして、そこで仕入れたのが今回のスペシャルの1本でございます

16 - 1 - 17 - 00
シャトーヌフ・デュ・パプ 2010

フランスは南ローヌの中でも最高級のワインを産出するシャトーヌフ・デュ・パプ

それが、驚きの破格で店頭に置いてあった日にゃ、ソムリエ外人が
見逃すワケがなーーーい { この産地の一般的な通常価格の半分以下

破格とは言え、サルの初体験となる 『シャトーヌフ・デュ・パプ』 に期待が高まりますよ~

まず、その香りを確認してみると、熟したラズベリーにタイムやブラックペッパー、アニスの爽快感が鼻をくすぐる。

薫りの華やかさを存分に楽しんだら、続いて舌の上へ~

甘めな第一印象からはプルーン、そしてチェリーのような果実味。

苦味のロングフィニッシュで、ぬぬぅ・・・・・・コレは・・・、
バニラだ
{ 外人の嫌いなヤツ

(外) : 「深みに欠ける単一的な味わいをオークでカヴァーしているつもりなのだろうが、むしろ強すぎる樽香がワインの風味を壊している・・・。味より薫りのワインだな、コレは」

うむ、確かに一口目こそ、甘み繊細なフルーティネスを感じたけど、飲むほどに樽のビターネスが際立ってきているような・・・ { 複雑味は無いよね

つぅことで、ちょいと残念な印象になってしまった 『パプ』 の赤ですが、まぁ、これも経験・・・ね { 次回は、もチョットイイやつでリベンジ

さぁ、そんな今回のマリアージュは、南ローヌのワインに合わせて、こうなりました

16 - 1 - 17 - 0
プロヴァンス風チキン

コレをマリアージュといわずして
一体何をマリアージュというのでしょうかぁ { プロヴァンスのワイン&トリ~~~

最大級寒波に見舞われている日本列島にいながらにして、
地中海の爽やかな風を感じるぅ
{ ワインも美味しく感じるよ

焼き目のついた香ばしいトリが、さらにじっくり煮込まれちゃって、そのやわらかさ美味しさときたら、
反則級~~~ { ウマ過ぎ

皮を剥かれ、直火でローストされたパプリカの甘さたるや、ハンパ無いし

散りばめられたオリーブは、何を隠そう、外人が手間ひま惜しまず時間をかけて作った、あのオリーブ漬け

ひとつひとつの特撰素材たちが、外人の手により、さらに存在感アップしているだけでなく、各々が互いに絶妙に惹き立て合っているの~ { 傑作

こうして、外人マジックにより、極寒のニッポンにいながらにして、リゾート気分を味わうサルなのでした






~猫による猫の観察~

少し前に買ってきたニュートイ

購入当初、妹 にゃんのくいつきようったら、お昼寝も忘れて没頭してたくらい { ぶっ通しで遊んでたよね・・・

いっぽうのネコ さん、そんな妹 にゃんを遠巻きにして眺めるくらいで、ほとんど興味を示さなかったのですが。

おやゃ

16 - 1 - 17 - 1

どういうわけか、興味を示しております

そして、そんなネコ さんをこっそり影から覗いてるヒトが・・・・・

16 - 1 - 17 - 2

ソレって、どういう遊びなんでしょうか・・・

斬新な遊び方をするネコ さんに、妹 にゃんも釘づけの様子 { いつもみたいに、妨害しませんね~

16 - 1 - 17 - 3

と、ようやく何者かの視線に気付いたネコ さん

しかし、すでに妹 にゃんは隠れた後なのであります { 素早い・・・


{ そこにいるのは分かっているのニャ  ←その後、しばしカーテン越しパンチの応酬が繰り広げられたのであった
【 2016/01/18 (Mon) 】 猫と飯とワイン | Comment(0)

初○○





2016年の幕開けと共に、数々の重大ニュースが日本列島を揺るがし、もぅ、年が明けてから数ヶ月経過したような錯覚を起こしそうな1月ですが、

サル家では、まだまだ○○が目白押しですよ~

さて、今晩の2016年○○は・・・・・

粉の魔術師・外人の十八番 ←十八番ありすぎなんだけどね

生パスタ

16 - 1 - 16 - 0
自家製フェットチーネ ラム肉のラグー

幅広麺のフェットチーネ、その食感がクセになる~~~ { 大好き

外人が丹精こめて打った2016年生パスタに絡みつくのは、奇しくも昨年の干支であった羊~ { これまた2016年ヒツジ

ラム特有の風味が、幅広手打ちパスタと絶妙にコラボるぅ~~~

なんと贅沢饗宴なんでしょぉ { ラグーもパスタも一級品

広めにうす~くスライスされたグラナ・パダーノがアクセントになり、味に変化をもたらす { あえておろさなかったのがナイス

パスタ生地の配合はもちろんのこと、薄さといい、茹で加減からチーズの削り方に至るまで、随所に細かな計算と配慮が見られる芸術的な逸品ですよ

まさに2016年生パスタにふさわしい、類稀なる一皿

今年も粉の魔術師のワザ炸裂にますます期待が高まるのであります






~猫たちの評価~

にゃんが寒い夜でも、快適にベッドで過ごせるようにと大人買いしたアイテム

空箱が、ちょうど猫のみなさんに気に入ってもらえそうなので、チョット通り道に置いてみたところ・・・

早速、やってきました、猫1号

16 - 1 - 16 - 1

クレームいただきました { やっぱり、このサイズだとムリがありますか・・・・・

1号が立ち去ると、すぐさま二号が

16 - 1 - 16 - 2

フォロー入れてくれた { やさしいねぇ

でも、やっぱり全身は入れないね { アナタなら、なんとか入れるかと思ったんだけど・・・


{ それじゃ、意味無いのニャ



<ラム挽き肉> ←お値打ちで美味しい♪

【ラムショルダーミンチ(仔羊挽肉)300g】(冷凍)【05P09Jan16】



【 2016/01/16 (Sat) 】 猫と飯(イタリア) | Comment(0)

コレな~んだ?





寒いッ

いよいよ、本格的なの到来か

といっても、もぅ、1月も中旬、コレが通常の寒さなんでしょうが、
寒さに慣れなどないわーーーーー { 雪国育ちですケド、なにか

って、絶叫しながら帰宅する (←迷惑なだけ) と、
異国のあったか煮込み料理がサルをお出迎え~
{ うれしいねぇ

16 - 1 - 13 - 0
クッバ

およそ1年ぶりに登場の
『クッバ』

そして、この赤色は・・・・・・・、
そう、ここんところ大活躍の
ビーツ

年末に仕入れた、良質のビーツまだまだ終わらな~い { 大容量の4パック

独特な風味とほのかな甘みがクセになりそう

ところで、『クッバ』 って何さ?!
と怪訝な顔してるそこのアナタ

実は、コレが3度目の登場なのでございます { コチラで復習 ←説明を端折るものぐさサル

そうです、この謎の丸っこい物体の中には、隣に寄り添ってるのとおんなじミートボールが IN しちゃってるのです { 手の込んだお料理だょ

しかも、今回はトリ団子~~~ { トリラブ

合挽きや牛ミンチのときより、さっぱりヘルシーな口当たりで、遅い時間でもいくらでも食べれちゃう { ひょいパクひょいパク

さらに、外側の皮がモチっとウマくってますます止まらんのよ~

そうか

コレって、近いうちに襲来するであろう寒波に備えての栄養補給ですね { さっすが、我が家の管理栄養士

そういうコトなら、もっと食べるぞーーーーー  ←自分に都合のいい解釈






~大人の階段~

夏の終わりに我が家にやってきた仔猫 ちゃん

当時、推定2ヶ月弱・・・ということは、そろそろ6ヶ月

もぅ、仔猫 ちゃんだなんて呼べないくらいに大きくなったよね { 表情も凛々しくなったし

そういうことで、大人の階段をのぼるための一大イベントを迎えるべく、一日修行に出ていたのです

そして、一皮むけて無事戻ってきた姿がコチラ

16 - 1 - 13 - 1

そうです、避妊手術完了しました { 頑張った

手術跡が気になる様子・・・

16 - 1 - 13 - 2

あんまり引っ張っちゃ、ダメですよ~ { そういえば、ネコ さんも糸を執拗にかじってたっけ

引っ張らないでガマンしたら、抜糸までお医者さんに行かなくていいんだから { おっさん腹巻とか日本にいてエリザベスとか、イヤでしょ?!

そういえば、手術当日はお迎えに行けなかったから、一晩病院でお泊りしたけど、やっぱりご飯食べられなかったらしいよね { あんなに食いしん坊なのに、可哀想に・・・

おうちに帰ってきて安心したろうし、そろそろご飯食べようか

まだ、あんまり食欲ないかもだけど、チョットずつでいいから・・・ね

16 - 1 - 13 - 3

食べに行こうとお皿に向かったら、偵察に来たネコ さんと鉢合わせ

突然消えた仔猫 ちゃんはもぅ戻ってこないものと、天下をとったような気分でいたネコ さん、再び戻って来た仔猫 ちゃんに戸惑いを隠せないご様子・・・ { 仲良さそうに見える、決定的瞬間をとらえようと必死なサルの姿が


{ もぉ、仔猫じゃないミャよ ←ということで、仔猫 ちゃんは暫定的に 『妹 にゃん』 に改名~
【 2016/01/14 (Thu) 】 猫と飯(中東) | Comment(4)

2016年一発目!!





3連休も終わってお正月気分も抜け始め、いよいよ本格的に始動している世の中とは反対に、休みが明けるとヒマなサルです  ←ヒマさえあれば、ゴロゴロ

ところで、3連休と言えば、週末スペシャルはどうなっちゃったのか?!

えぇ、執り行われましたとも { もちろん

というコトで、本年第一発目週末スペシャルに華々しく登場したのは、コチラ

16 - 1 - 11 - 00
ベルグストロム オールド・ストーンズ・シャルドネ 2012

2016年の幕開けは、アメリカ・オレゴンの白

オレゴンと言えば、ニューワールド好きサルとオールドワールド派な外人のどちらをも満足させてきた優秀産地 { これまで、ハズレなし

さらにサルの好きなシャルドネ ときたなら、これはもぅ、サル年盛大にスタートさせる一本にこれ以上ふさわしいものはないのではないでしょうかぁ

グラスに鼻を近づけてみると、白い花を思わせる香りにシトラスやメロン、アプリコット。

トースティな薫りは、アメリカンオークかな。

口に含むと、広がるミネラル&フレッシュ感。

青りんご、グレープフルーツにパパイヤやパッションフルーツなんかのトロピカルフルーツもあるかも。

ロングフィニッシュで、若干のバニラが感じられるのは樽だろうが、よくあるニューワールドのキツ過ぎるバニラ臭のように支配的ではない { バニラ臭嫌いの外人も感嘆

全体として、ミネラル、酸、果実味のバランスがこの上なく素晴らしい { オールドワールドとニューワールドの技法が絶妙に融合してる印象

お食事なしでも、充分に楽しめるコチラのワインですが、
やっぱり外人シェフの渾身マリアージュを楽しみたいよね~
{ 今回のお相手は

16 - 1 - 11 - 0
チキン in ブルーチーズ&クリームソース

そして、こちらもサルの大好きなトリさん

しかも、年末に大好評だったあの青かびチーズを使ってソースに { 絶対美味いわぁ

ムネなのにフワッフワでやわらかッ

コクのソースがトリと芽キャベツに見事なまでに調和しているぅ~

さらに、圧巻はワインとの相性

マイルドなんだけど独特のスパイシーさ残るブルーチーズのリッチな風味が、ワインをよりフルーティに演出してくれているの

まさしく、これ以上無いほど極上の2016年スペシャルマリアージュとなりました

そして、今回もハーフボトル翌日に残して引き続きスペシャル続行 { 今回は、ポンプせずに変化を見る~

16 - 1 - 11 - 01
パンチェッタとインゲンのジェノベーゼリゾット

夏場、ワッサワサと健やかに育ちまくったバジルちゃんをペーストにして保存、少しずつ使っていたのですが、とうとう使いおさめの食べおさめのデッシュになってしまいました~ { 激ウマ万能バジルペーストだったなぁ

外人のリゾットは、新潟のコシヒカリでさえも絶妙なアルデンテに仕上げ、一度食べたらその虜になること必至なリピ続出の極上メニューなのだが、数あるリゾットレパートリーの中でも、このジェノベーゼリゾットは、
グンを抜いたウマさだぁぁぁぁぁーーーーー

そして、一日経過したワインの具合は・・・さらに骨格がしっかりしたょ { まだ少し若めなのかな

前日はクリームソースと広がりを魅せてくれたワインですが、
このリゾットとは、フレッシュ感が
アーーーップ

これまであまり感じなかった酸味が表に出てきた { しかも、サルの嫌いな酸味じゃないの

なんと、よく出来たワインでしょぉ~~~

・・・と、2日にわたって開催された2016年スペシャルでしたが、想像以上にすんばらしい幕開けとなったのでございます






~近いけど~

夜、ヒーター前の様子

16 - 1 - 11 - 1

集うお二方ですが、お互いそっぽ向いてるし・・・ { ケンカしてるの

それぞれの言い分を聞いてみましょうか

16 - 1 - 11 - 2

ヒーター真正面の特等席を陣取ったはいいケド、背後の仔猫 ちゃんに気が気じゃないネコ さん。

いっぽう、それなりに気を遣って、離れた位置からヒーターに当たる仔猫 ちゃん。

ん・・・・・・・・、まてよ

まだ・・・・ってことは、これから奇襲攻撃を仕掛けようとしてたってことですね


{ 油断も隙もニャーわ



<オレゴン・シャルドネ> ←2本買って1本キープ♪

■ベルグストロム オールド・ストーンズ・シャルドネ [2012](750ml)白 Bergstrom Old Stones Chardonnay [2012]【出荷:7~10日後】



【 2016/01/12 (Tue) 】 猫と飯とワイン | Comment(2)

2016年めでたい代表





2016年が明けてしばらく経ちますが、そういえば、ニッポンの正月らしいメデタイ料理って登場してないっけ { 元日こそ異国の正月料理でしたが・・・

メデタイ食材といえば、一般的なお節料理に使われるような、数の子やら黒豆やらが思い浮かびますが

中でも見た目の華やかさはもとより、その存在感と味の良さも他を圧倒するサルの大好物のこの食材が登場したよ

どどーーーーん

16 - 1 - 09 - 0
赤エビのトマトクリームスパゲッティ

色からして、めでたい

数あるエビの中でも、身のやわらかさ、味の濃さ、そしてお求め安さ、総合的に見てサルの中でNo.1なエビ代表 赤エビ

アタマを解体して、ミソだけでなくエキスというエキスを吸い出す

身にかぶりついたら、シッポのおくの奥までほじくり出す

エビ1尾に向き合う真剣さ加減は、今年最初にして最後かっつぅほど { 年末のカニといい勝負 VS

一匹目のエビを堪能し、続いてスパゲティをフォークに絡めとったら、パクッ

ぬぉ、なんちゅぅ、うまみ~~~~~ { エキスがすごい

コクのあるクリーミーなエビ風味トマトソースがスパゲッティに絡み付いて、
絶品 { こりゃ、たまらんわ

写真では2尾のっかってるエビ、さらにもう2尾待機しているのぉ~ { 終わらないシアワセ

さぁ、次のエビよ、でてこーーーーーーーい






~お手本~

ひたすら遊びに遊んで、ようやく落ち着いた仔猫 ちゃん。

このコって、食べるにしても遊ぶにしても、限界を知らないってか、ほんっとエンドレス { やっと疲れたのね

16 - 1 - 10 - 1

そういえば、アナタ、最近いろいろとネコ さんの真似してますよね

サルの帰宅時、ネコ さんが 「おかえり~ 」 ってサルに向かって立ち上がって片手を大きく上に伸ばすのを見て、アナタはサルの足によじ登ったりバリバリしたり { 挨拶の仕方、間違ってますケドね・・・

それに、遊ぶときにネコ さんがいつも出すターボみたいな音も真似しようとしてるよね~ { 最初はやらなかったのに

さっきも、外人にボール投げてもらったとき、「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛・・・・」 って言いながら追いかけてたの、ひそかに聞こえたよ

16 - 1 - 10 - 2

う~ん、アナタの音って、ターボってより、どっちかというと弱った羊か山羊みたい { ネコ さんみたいな立派なターボ音じゃないわねぇ

てか、いつの間にかネコ さんのことを先生と思ってる


{ いつか超えてみせるミャ
【 2016/01/10 (Sun) 】 猫と飯(イタリア) | Comment(0)
Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!