美食生活な異文化交流

05123456789101112131415161718192021222324252627282930

続・サル旅行記





~前回のつづき~

標高2,450mに位置する、室堂平を後にした一行。

次に乗り込むのは、立山トンネルを走るトロリーバス

ガソリンではなく電気を動力として走るトロリーバスは、バスなのに鉄道の一種なんだって { へぇ~

3,000m級の立山連峰を突っ切ったトンネル内部は、真夏でも冷蔵庫並み { クーラーなんて要らないよ

10分ほどで断崖絶壁の大観峰へと到着

ここからは、ロープウェーで全長1,710m・標高差500mを降りていきま~す

15 - 8 - 16 - 6

ゆ~っくり下っていくと、見えてきたのが黒部湖 { いよいよ近づいてきたよ~

到着した黒部平から望む、雄大な立山連邦

15 - 8 - 16 - 7

ここまで、4種類の乗り物を乗り継いできたけど、次でいよいよファイナ~ル

最後は、もう一回ケーブルカー乗って、ようやくとうちゃーーーーーく

15 - 8 - 16 - 8

黒部ダムです

長かった・・・・・・・  ←標高と気温のアップダウンにやられるサル

では、放水してるところを覗きに行ってみましょ

15 - 8 - 16 - 9

コレが、あの黒部ダムですね~ { おぉ

昔の人たちが、幾多の困難に見舞われながらも完成させた、あの黒部ダムなのですね  ←脳内で 『地上の星』 が流れる

さぁ、向こうの展望広場から絶景を眺めようじゃありませんか

と、徒歩でダムを通過し始めた家族たちですが、外人とサルは再び立山駅に戻らねば・・・・・

ダムのど真ん中で家族の皆さんと記念撮影後、扇沢 (長野) へ向かう家族とはお別れをし、お互い反対方面へ { さよぉなら~~~

サル&外人は、来たばかりの道を引き返します

15 - 8 - 16 - 10

こうして、無事、黒部ダムを拝んだサル&外人の黒部ダム強行スケジュールが幕を下ろしたのです。

一瞬の出来事だったけど、ありがとう黒部ダム、そして、さようなら黒部ダム


そのころ、我が家では・・・

15 - 8 - 18 - 1


{ ・・・ってことは、もう一回、全部の乗り物乗るのね~



宿泊するなら↓ 航空券つきプランも♪
リーガロイヤルホテルグループ くろよんロイヤルホテル

【 2015/08/18 (Tue) 】 旅時々ネコ | Comment(2)

サル旅行記





ただいま~~~

長らく留守にしておりました

前回、そして前々回の記事でほのめかしていましたように、この週末、サルと外人は、プチ旅に行ってまいりました

というコトで、本日は、飯ネコブログならぬ 旅ネコブログでございま~す



さてさて時は遡り、15日 (土) のこと。

いつものように、午前中は出動してから旅立つ予定だったのですが、期せずしてお休みになったサル。

ここぞとばかり、当然のごとく二度寝 した後、ゆっくり外人ランチをいただき (←チョットの間食べれないから、よ~く味わってっと・・・) 、コーヒータイム もしっかりとります。

さてと、そろそろ渋滞もひいた頃だろうし、出発しよっか

15 - 8 - 17 - 1

?!

冗談でそんなこと言わないよ { 今さら、何よ

数日あけるから、後のことは頼んだわよ

15 - 8 - 17 - 2

んなコト言ったって、アナタだって、「勝手に行けば~ 」 的態度だったじゃない

じゃぁ、アレですか

アナタもサルたちに同行するとか

15 - 8 - 17 - 3

結局、ソッチのほうがはるかにイヤなのよねぇ

とにかく、2・3日したら帰ってくるんだし、ちゃんとお世話も頼んであるから、安心して

じゃ、イイコにしてるのよ~~~ { 私たちだって寂しいのよ~



ということで、一路富山

?!

新潟じゃないのかって??

ええ、実は今回は、両親とみんなで黒部ダムへ行こう という企画なのです

つうことで、夕刻、各地から続々と富山に集結するサル一族

久々にそろう面々で軽く宴会を催し、翌日早朝起床 { グッド・モーニング

レッツ・黒部ダム~~~

まずは、立山駅まで車で 行ったら、ケーブルカーに乗り、その後、高原バスに乗り換え~

大自然の中を走るバス、途中、リアル猿の家族に遭遇 { キャッわいぃ~

壮大な景色に目を奪われながらも、1時間ほどの道のりに、うとうと していたら、着いた~

ここは、雪の大谷で有名な、室堂

15 - 8 - 16 - 1

真夏の現在でも、まだ雪が残ってるよ~


春先に来たら、雪の壁がスゴいんだろうなぁ

短い高原のの間には、可愛らしい花々が咲いてるのね~ { 可憐なのにたくましい

15 - 8 - 16 - 2

お空も、絵はがきのような美しさ

空気が、ひんやり澄んでいて、真夏とは思えぬ爽やかさ

15 - 8 - 16 - 3

こうやって、お日様が雲に隠れちゃうと、寒いくらいなの ...

では、ちょっと散策してみましょう

15 - 8 - 16 - 4

池だ

コレが、みくりが池か?! ←観光マップを見ないヒト

付近からは、強烈な硫黄臭もする・・・ { きっと地獄谷からだね ←この後の行程を考え、これ以上遠くへ足をのばさないヘタレサル

15 - 8 - 16 - 5

1時間半ほど散策 (と銘打った休憩・・・) したのち、さらに奥地の黒部ダムへと出発しま~す


~つづく~
【 2015/08/17 (Mon) 】 旅時々ネコ | Comment(6)

ニッポン横断





ただいま~~~

新潟から戻ってきたサルです

とは言え、なにも生えてない田んぼの原風景だけで、特に旅らしき写真もなかったので、本日は高速の旅を振り返ってみようと思います



~3月27日~

ニッポン横断には、この上ないほどの素晴らしい晴天に恵まれ、いざ出発

15 - 3 - 27 - 1

道中、岐阜の山中

正面に見えるのは、スキー場かしら。

雪が反射して、目が眩むほど

15 - 3 - 27 - 2

山の上なんで、お日様 が近くに感じる

さぁ、ここからは、ノンストップでいよいよ新潟に突入

15 - 3 - 27 - 3

これが年間日照時間の極めて少ない日本海側か?!!

っつうほど、雲ひとつない空に青い海 { ビュ~ティホ~

あと、ちょっとで到着しちゃう前に、せっかくだからしっかり停まって、景色を堪能

15 - 3 - 27 - 4

おや
向こうに見える山は、佐渡ヶ島なのか、はたまた本州の一部なのか??


と、新潟県人らしからぬ質問を、こともあろうか外人に投げかける

(外) : 「佐渡なワケないだろ・・・」 ←アッサリ

15 - 3 - 27 - 5

これが、演歌で唄われる、荒波の日本海か { 穏やかだぁー

さて、目的地に向けて、そろそろ出発しますか { 長かったドライブも、あとチョット

15 - 3 - 27 - 6


・・・・と以上が、ニッポン横断の旅。




今日は、一転、時折のぱらつく曇天の中、同じ道を通って帰ってまいりましたとさ

そして、お留守番してたネコ さんと、感動の再会

さぞや、寂しかったことでしょう

さぁ、思う存分、遊んでちょうだい ソレー

15 - 3 - 29 - 3

あ・・・・・・・・・・

思いのほか、心の傷は深かったか?!

15 - 3 - 29 - 2



なんのこと

15 - 3 - 29 - 1

縄張り意識が強まってる?!

どうやら、サルと外人に留守を任されたことで、さらに自信を深めたネコ さんなのでありました。


{ ここでは、アタシがルールってことニャ
【 2015/03/29 (Sun) 】 旅時々ネコ | Comment(4)

サルは今、





ちょっとごぶさた~んしておりました

サルは今、どこにいるかというと、

ここ

IMG_8923-2.jpg

田んぼ (←田植え前)

そうです

サルの生まれ故郷の新潟に一時帰省中

正面のおうちは、はるか数キロ先・・・・・。

斜め前には明峰

IMG_8924-2.jpg

明日までこの大自然とともに生息しています




えっ

ネコ さんですか

お留守番してますの・・・。

こんなご様子

15 - 3- 28 - 1

誰・・・・・・だっけ、この人?!

って、不思議な顔してます

日曜の彼女にお願いして、写真も送ってもらいました { ありがとー

そして、次は。。。

15 - 3 - 28 - 2

ご飯待ち~

ちょっとカゲから様子をうかがってる感じが、なんともキャワイィーーーーー

元気そうにお留守番してくれていて良かった

もう少し待ってってね、すぐ帰るから


{ お利口にしてるのニャ
【 2015/03/28 (Sat) 】 旅時々ネコ | Comment(8)
Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!