美食生活な異文化交流

10123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | CM(-)

突撃!!!外人の晩ご飯!!





7月某日。

「来週ソッチ行くんだけど、美味しいもの食わせて~」

新潟時代の同級生からの突然の連絡

会うのもかれこれ10年ぶり、外人にいたっては会ったことすらないんじゃないか?!

こんなヨネスケばりの突撃ぶりにも外人、二つ返事でディナーを快諾

ッつぅワケで、両親に続く新潟からのゲストには、まず、コチラのワインでおもてなし

16 - 7 - 14 - 00
ソミュール キュヴェ・ヴァン・デュ・ノール 2014

プライベートではワインを好んで飲むらしく、何度かオススメのワインを尋ねてきたこともあるK君。
甘口は苦手
(←基本、我が家もっスね) とのことで、用意したのはフランスはロワールのスッキリ辛口白  ←シュナンブラン

ノーズはりんごやアプリコット、柑橘の薫りの中にしっかりミネラルを感じる。

フルーティなんだけどクリスピーで、適度な酸味が果実味とナイスバランス

余韻にはどことなく花の蜜も漂う

これも、蒸し暑いにピッタリの1本ですね~


では、同郷のよしみ緊急スペシャルディナーのはじまりはじまり~~~

16 - 7 - 14 - 0
焼きナス&焼きパプリカ 山羊のチーズ

アツい日中、どこよりも熱気の漂うキッチンにて直火でローストしたナスとパプリカ

香ばしい風味がたまらんわぁ { 外人アッパレ功労賞

添えられている山羊チーズは、ほのかな酸味と塩気で味のアクセントを担う

さらに奥に見える一皿が
トマトとバジルのサラダ

バジルはもちろんお外のプランターからなのだが、その青々しさに違わぬ味の濃さには、K君も
「このバジル、なんかすげーーー」

あえてモッツァレラチーズの定番カップレーゼにせず、山羊チーズといただいてみるのも新しい { フレッシュ

さらにさらに、まだまだ出てくる前菜~ { 色々た~のしぃ

16 - 7 - 14 - 01
マグロのカルパッチョ

ローカルスーパーの掘り出し物、今度は本マグロ・赤身

赤身だから、オリーブオイルのドレッシングも重たくならず、サッパリいただける~ { 部位によって楽しみ方色々

ケッパーのワンポイント的酸味もイイね~ { 偶然にも、K君の大好物だったらしいケッパー

どの前菜とも抜群の相性をせてくれる白ワインではあったけど、やっぱりこの一皿とはテッパンよね~

すると、さらにこの上なくテッパンパート2なヤツ来たーーーーー

16 - 7 - 14 - 02
エビのジェノベーゼスパゲッティ

エビとプランターバジルのコラボレーショ~~~ン

先ほどバジルの味の濃さに驚きを隠せなかったK君も歓声を上げる~

ねぇ、このナッティな感じ・・・って、松の実は無いはずだし・・・、去年みたく枝豆使った

(外) : 「いや、カシューナッツだよ」

(K) : 「へ~、すげー、わからんかった」

いや、これ完全に好きな味ですわ { みるみる無くなる~

さぁ、ココでメインの登場

・・・のハズだったのだが、思いのほか酔っ払ったサル。
メインだけでなく2本目のワインすらも撮影を忘れるっつぅ


いゃね、チョットいい訳させてもらうとですね・・・・・、
相手は新潟県民だから、恐ろしく飲めるに違いない・・・
と、2本しか用意していなかったことにドキドキしていたのよ
{ 足りないかも・・・

それが予想に反して下戸だとぉぉぉぉぉぅ { そんな新潟県民がいるものかッ

(K) : 「普通にいっぱいいるわつか、サル家基準で考えられても困るし~

・・・ということで、責任を持って余計に飲んだサルなのでした { 最近は、1本を2~3日に分けて飲んでるしね~、正直キツイわ






~懲りないコ~

前回の記事にもアップしたように、ネコ さんが物置部屋のベッドにてお休みになっていると、どこからともなく妹 にゃんが現れるのです

そして、ネコ さんの意識が朦朧としているのを 「チャーーーンス とばかりに抱きつく~~~

そこからのふたりの絡みを撮ってみました~



いや・・・、やっぱりどっからどう見ても、ネコ さんの方が優勢ですよね { 蹴られまくってるじゃないかぃ、妹 にゃん

にゃんをがっしりホールドしたネコ さんのキックがことごとく
クリーンヒット
{ むちうちなりそぅなくらい首、ブンブンしてる・・・

にもかかわらず、ネコ さんが寝技を解いた後も、手を伸ばし挑発する妹 にゃんって
{ マゾですか


{ もっと触らして~



<ロワール・シュナンブラン> ←夏場の普段飲みにちょうどイイ♪

[2014] ソミュールキュヴェ・ヴァン・デュ・ノール白 A.O.C.ソミュールフランス ロワール アンジュー&ソミュール






<山羊のチーズ> ←クセが無くてサッパリ♪

★即納★【COSTCO】コストコ通販【MEREDITH】ゴートチーズマリネ 320g(要冷蔵)



スポンサーサイト
【 2016/07/24 (Sun) 】 猫と飯(コース) | Comment(4)

セカンドディナー





あくる日。

週間予報では思いっきりだったハズなのに、
晴れてますぜ~~~ { どうやら父ちゃんが究極の晴れ

外人食堂で早めのランチ (←この日は中華 ) をいただき、
サル&両親は親子水入らずで行楽に~~~  ←外人はお留守番

んで、梅雨の中休みの晴天の中、いっぱい歩きへとへとになって帰ってくると、2日目のディナーが待ってるんだなぁ { いたれりつくせり

16 - 6 - 20 - 00
セント・ジョンズ・ロード ピース・オブ・エデン リースリング 2014

ドイツやフランスのアルザスが有名な葡萄・リースリング ですが、今回はオーストラリアから

さてさて、本日も何の香りがするのか探してみよう

(母) : 「やっぱりワインのニオイ・・・」

うん・・・、それはもぅイイから

まず確認できるのが、りんごの香り。

(父) : 「おぉ、本当だな」

それににシトラスにホワイトペッパーやら、若干トロピカルな雰囲気もあるかな~。

お口に含むと、前日のフルーティな白とはうって変わってすっきりシャープな切れ味

複雑味はないケド、クリスピーでアルコールも軽めで、にはもってこいの1本

(母) : 「ワインは好きだし、昨日と違うことだけはわかるけど・・・・。普段、口にしたり嗅いだりするものが限られているから、わからないのかしらねぇ」

ま、私も最初はよくわからなかったし・・・

と、前日に引き続き、ワイン談義が盛り上がってきたところに前菜の登場で~す

16 - 6 - 20 - 0
マグロのカルパッチョ

(父) : 「これ、醤油とかかけなくていいの?」

いや、だからかけませんって { デジャヴだ、デジャヴ

本気の質問なのか、それともノリツッコミを待っているのか・・・ { おそらく前者であろう

昨日のサーモンとは全く違う表情で、これもまた美味 { サッパリといただけるドレッシングがウマイよ~

そして、本日もカルパッチョの後ろにこっそり写りこんでる前菜第二弾が・・・
タコのスペイン風トマト煮込み

こんなハイカラなタコ料理など食べたことのない二人、思わず歓声があがります

(父&母) : 「え??これ、蛸なの?」

そうです、たこ焼きに入ってる、あのタコですよ~

普段、よく知っている食材が未知の領域にあることに驚きを隠せない二人

いや、でも、外人の食材マジックはそんなモンじゃありませんよ { まだこれからが本領発揮

16 - 6 - 20 - 01
夏野菜とモッツァレラのアンティパスティ

二人が来宅するほんの数日前、母上から送られてきたズッキーニ

共にオーブンで焼かれ、最大限にまで甘みを惹き出された野菜の代表・ナス&パプリカも加わり、仕上げは本場イタリアのバッファローモッツァレラと和えられた~ { お見事

たっぷり野菜に、バッファローのモッツァレラチーズだなんて、贅沢すぎぃ { サルも泣いて喜ぶ~

あま~いお野菜たちに、クリーミーなモッツァレラの風味が絡み合い、
至極のハーモニーを奏でるの~ { あぁ、天使の味わい

・・・と、酔いしれていると、でてきました、この日の主役

16 - 6 - 20 - 02
美稲豚のロースト 自家製デミグラスソース

やっぱり登場 美稲 (うまいね) ~~~』

実を言うと、前日の夜からそのポテンシャルの高さを語らずにはいられなかったサル。
素晴らしい豚があるのだと熱弁し、無駄にハードルをあげてしまったのだ


しかし、どんなに期待を高めたところで裏切らないのが外人

(父) : 「本当にウマイな・・・・・」

でしょ、でしょ、でしょーーーーーー  ←作ってもいないクセに、したり顔

それに、ウマイのは豚だけじゃないのよ

実は、このソース、何を隠そう・・・・・・
先日スパゲッティで登場した出ガラシの牛スジ真の姿

10時間以上かけて作り上げられた、正真正銘の自家製デミグラスソース

その重厚なコクとエレガントなウマミは、 『美稲 (うまいね) 豚』 の美味しさをさらにどこまでも高みに引き上げてくれる

(父) : 「お前は、いつもこんなスゴイもの食べてるのか・・・」

えぇ、まぁ { いつもの週末スペシャルは、二人だし、こんなに品数でないケドね・・・。

(母) : 「外人さんにばかりこんなに良くしてもらって、なんとお礼を言ったらいいのか・・・」

外人のおかげで王宮のような暮らしをするサルを羨む父、そして、親子3人外人の世話になりっぱなしなことに恐縮しまくる母なのでありました

あ、そういや最後の赤ワイン撮るの忘れてた { しまった







~両親帰る~

両親が帰路につき、日常に戻った我が家。

16 - 6 - 29 - 1

ずいぶんリラックスしておられますね~

と言っても、前回の両親の訪問の時よりか、ずいぶん慣れてましたよね { 多少の威嚇はしてましたが、触らせてましたものね。

ま、アナタの場合、実家にも二回ほど行ったことあるしね~ { そのときはタンスの裏に隠れて、出てきませんでしたけど

ってことで、全く知らない二人でもなかったからなのかしら

16 - 6 - 29 - 2

そぉよね~

でも、なんだかんだ人キライだって割りに、そこまで慌てふためかなくなりましたね { 夜は二人の寝室に忍び込んで、ニオイチェックもしてたみたいだし。

そこで、一応伝えておくんだけど、あの二人ゼヒまた来たいってさ { とっても楽しんでくれたみたいでさぁ

16 - 6 - 29 - 3

ただ、問題は妹 にゃん・・・・・よね

あの二人が帰ってしばらく経つって言うのに、いまだに押入れにたてこもって姿を見せないし・・・


{ むしろ平和ニャ



<オーストラリア・リースリング> ←夏に最適♪

■セント・ジョンズ・ロード ピース・オブ・エデン リースリング[2014](750ml)白 St John's Road Peace of Eden Riesling[2014]【出荷:7~10日後】



【 2016/06/30 (Thu) 】 猫と飯(コース) | Comment(6)

スペシャルゲスト来宅!!





梅雨真っ只中の6月某日、サル家にスペシャルゲストがやってきた~

かれこれ来宅がおよそ3年ぶりになる、その人物とは、何をかくそう・・・

サルの父上母上~~~ { お久しゅうござります~

空模様が落ち着かず足元の悪いこんな時期に、何もあんな遠くからわざわざ・・・
という気もしないでもないが、田舎の米のお世話が一段落した今がベストタイミングなんだそうで

案の定、朝から下り坂 だったお天気、お昼にはしっかり降り始めた
・・・のだが、二人を駅にお迎えに行く時間には不思議とピタリと止み、屋内に入るとまた降り出すという { 晴れ それとも晴れ

ということで、日曜から今週にかけてはサルの両親来宅記念
『父の日だよ、ありがとうスペシャル~

長旅をねぎらうと同時に、いつも送ってくれる美味しいお米とお野菜の感謝を込め、外人がいつも以上に腕によりをかけてご馳走を用意したのであります

おっと、その前に、まずはワインから

16 - 6 - 19 - 00
クライン ノース・コースト ヴィオニエ 2014

お酒は何でも飲めるけど、ワインには詳しくない両親のためにと、外人がセレクトしたのがカリフォルニアのフルーティなヴィオニエ

(外) : 「何のニオイがあるか、わかる?」

(母) : 「う~ん、ワインのニオイ・・・」

まぁ、さすがに日本酒のニオイはしませんよね・・・

(父) : 「桃じゃないの?」

おっ、さすがに酒類歴の長いお父ちゃんは、わかるのね

(外) : 「あとは洋ナシに白い花もあって、さらにミネラルも感じられるね」

ふむふむ、サル的には蜂蜜っぽいっていうか・・・・、アッ、これってわたあめ

(外) : 「おっ、本当だ。なかなかやるなぁ」

パレットは、大部分がシトラスな雰囲気で酸味はあまり感じられず、フィニッシュはグレープフルーツ。

と、ワイン初心者にも飲みやすく、にチビチビやるのにもってこいな1本

ワイン談義で盛り上がっていると、出てきましたよ~ { 前菜の数々~

16 - 6 - 19 - 0
サーモンのカルパッチョ

(父) : 「これ、醤油とかかけなくていいの?」

(外) : 「醤油はかけない・・・。レモン絞って食べてみて」

(父) : 「おっ、本当だ。いい味がついてるじゃないか」

実家ではたとえ味がついていたとしても、食卓に常備された醤油を自動的にかけてしまうらしい父上、この家に醤油さしがなくて本当に良かった { かけたら台無しっすよ

ちょうどイイ塩加減のサーモンでかいわれを巻き巻きして食べると、また脂がのったサーモンがサッパリとして美味 { ワインとも納得の好相性

そしてそして、後ろにこっそり写ってるのが・・・
アスパラのオリーブオイルソテー with パルミジャーノ

24ヶ月熟成のパルミジャーノ・レッジャーノをこれでもかってほど贅沢におろしかけた逸品  ←コレ、サル好み

(母) : 「大根おろし金で??」

いや、チーズ用だし、反応するとこってソコ・・・・・・

(外) : 「チーズグラインダーって言うよ」

そんなサル顔負けなアホの質問にも真摯にレクチャーする外人。
なんだか色々とお勉強になっているようで、良かったっす


16 - 6 - 19 - 01
エビの白ワインガーリッククリーム

間違いナイの来たーーーーー

これは箸 (←フォークですが・・・) 止まらなくなるぅ~~~ { 全員が押し黙るパターン

しかもフルーティな白ワインにエビの風味とクリームが絶妙にマッチするし

サルがちょっと目を離した隙に、あれよあれよといなくなるエビたち~~~

みんなが夢中になって食べていると、ついに出てきましたよ、メインディッシュ

16 - 6 - 19 - 02
ラムチョップの香草焼

期せずして父上の大好物だったらしい羊さ~~~ん

まじ、やわらかくてクセがなくて美味しいよぉぉぉぉぉぉ

(母) : 「もぅ、満腹で食べれない・・・って思ったけど、不思議と食べれちゃうわ」

そう、それが外人マジック

しかも、驚くことなかれ、このパン粉も外人特製パンから作った正真正銘イチから手作りなのだ

(父) : 「そりゃ驚きだ・・・が、それ以上にこの人参の甘さは格別だ」

(外) : 「お母さんの人参だよ」

(母) : 「特別なこと、なにかしているの??」

(外) : 「甘さは自然のものだよ。焼き方とかタイミングとか色々・・・かな」

(父) : 「家でも、これだけ甘みのひき出されたのが出てくるといいのだが・・・」

いや、それはコクな要求じゃありませんかぃ { 外人の腕やセンスと比べられては

そして、この一皿と時を同じくして出てきたのが、こちらのワイン

16 - 6 - 19 - 03
Tabor カベルネ・ソーヴィニョン リミテッド・エディション 1/11000 2011

このよき日に、満を持して登場したのが、その昔、食材の旅で見つけたイスラエル産のチョットいいワイン

サルの好きなニューワールドの中でも、特にお気に入り産地のイスラエルワイン { これは限定バージョンっつうだけあって、期待も高まるぅ

ブルーベリーやブラックベリーの香りにチョコレートや森の湿った土の感じと、なかなか複雑な薫りを放ってる。

パレットはクローブやペッパー、バニラとかスパイシーさが前面にくる感じで、チョット外人的にはNGかなぁ { やり過ぎな感じがあるのよねぇ・・・

と思ったのも始めの1杯ほど。

その後、グラスに注ぐたび、薫りが和らぎその表情を変えてゆく { 同じワインと思えない

外人も、このワインの変貌ぶりに、いい意味で期待を裏切られた様子 { 父上&母上もワインの面白さにき込まれてるようだし

そんなこんなで、大満足のうちに初日の夜が更けていく・・・・・・

次回に続く・・・。





~ネズミの末路~

父上&母上の滞在中、我が家のネコたちは、まさしく 『借りてきたネコ』 状態でして・・・・・

人嫌いのネコ さん以上に、実は人見知りだったことが判明した妹 にゃんにとって、このたびの二人の訪問は事故以来の大ピンチ

恐怖におののき、妙な雄叫びを上げ、押入れの奥の奥に立てこもり、大好きなご飯も喉を通らないほど { ヒドイ有様だ・・・・・

ということで、撮影どころではありませんで

なので今回は、チョット前に外人が撮影したサル不在時の妹 にゃんひとり遊びの様子をアップしました~



吊るされてたオモチャのネズミが、いつのまにかつんつるてんになってたと思ったら、こういうことが起きていたのね・・・


{ 知らない人たち来たミャ~



<カリフォルニア白> ←お手ごろなデイリーワイン♪

■クライン ノース・コースト ヴィオニエ[2014]白(750ml) Cline North Coast Viognier[2014]【出荷:7~10日後】



【 2016/06/25 (Sat) 】 猫と飯(コース) | Comment(6)

実は・・・





去る (←サル?) 2月25日は、何を隠そう、わたくしサルめのうんじゅうぬん回目のお誕生日  ←数年前から数えられなくなりました

つうことで、いつもの週末スペシャルを前倒しして週の後半、木曜から

サル生誕スペシャル~~~

最近、我が家のイベント毎 (外人生誕祭2周年記念) に登場してるのが、ボルドー第5級格付けシャトーの華々しい顔ぶれ

つうことは、ボルドー好きのサルのために、あいてるのはもちろん・・・・・

16 - 2 - 25 - 00
シャトー オー バージュ リベラル 2004

格付け第5級、産地はポイヤック

・・・・と言っても、よく考えたら、なぜか毎年、サルの誕生日は決まって 『ピノ・ノワール 』 じゃありませんでしたっけ (←いや、ボルドーが好きなのは本当なんですけど・・・)

(外) : 「そう思って、ワシントンのピノ用意してたんだが、やっぱりキープしておきたくなってね

なるほど、それで急遽、サルの好きな 『ボルドー』 が登場したのですね~ { 大歓迎ですよ

さて、まずはその芳醇な薫りを存分に堪能しましょ

熟したレッド系ベリーの華やかさに、チョコレートやコーヒー、森の・・・湿った土のような { 申しぶんない

口に含むと・・・、うん、まだまだ閉じてるが、エレガントでバランスがいい { 若いね

12年が経過しているというのに、まだまだ熟成の余地を残す楽しみなワインですよ { 明日は、もうチョット開くな、コレ

さぁ、ボルドーといえば、外せないテッパンはやっぱりチーズよね

16 - 2 - 25 - 01
ピエダングロア

マイルドなウォッシュタイプのチーズ

クセが少なくて、バランスがとってもいいから、キツイのが苦手な人でも楽しめそうな逸品

もちろん、ワインとの相性もいうコト無し

外人のむちゃウマバゲットに塗りたくって楽しんでいると、やってきましたよ、
外人プロデュース・スペシャル・バースデー・ディナー


16 - 2 - 26 - 0
カネロニ

筒状に巻かれた外人お手製パスタ生地の中にはリコッタチーズ、そこに、これまた外人特製トマトソースを纏わせオーブンで仕上げたっつう、外人渾身の一品

やさしい酸味と甘みのトマトソースに、リコッタチーズのフレッシュ感、手打ちパスタの歯ごたえがもぅ、たまらん { シアワセな気分

手の込んだ、妥協のないお料理が、しょっぱなからサルを虜に~ { 何本でも食べたいぃ~~~

と、夢中になっていると、早くも次のお料理の準備が出来てる~

それでは、サル生誕祭のメインでございます

16 - 2 - 25 - 0
シャラン鴨のロースト ポルトー&バルサミコソース

出たーーーーーー  ←興奮MAX

サルが 『トリの中のトリ』 として止まない、キング・オブ・トリ

しかも、そんな鴨の中でも世界一の名を欲しいままにしている 『シャラン鴨

肉質のしまり具合といい、味わいの深さといい、これぞキング { 焼き加減も見事なミディアム

そして、ポルトーワインとバルサミコ酢で贅沢に仕上げたこのソース・・・・・・
超濃厚 { 甘みが鴨を包み込むの~

そっか

サルには鴨・・・みたいな構図が出来上がってるもんで、鴨にテッパンなピノ という計算のもとの例年のマリアージュだったワケか?!

にしても、今回のボルドーは、しなやかでエレガントなボディをしているので、鴨にもイイじゃ~~~ん

感心しながら、舌鼓をうつサルのもとに、いよいよ〆のデザートが運ばれてきましたよ~

16 - 2 - 25 - 001
ティラミスケーキ

最後の最後まで決して手を抜くことのない外人

今回のケーキも、イチから作っちゃったよ~ { どんだけ~

その徹底具合ったら、スポンジから焼いたのはもちろんのこと、使ったコーヒーは豆 (ニカラグア産) から挽いてドリップ、合わせてコーヒーのリキュール・カルアでさらにリッチに、サンドされたクリームもマスカルポーネと生クリームを贅沢にふんだんに

ひとくち食べたら、なんじゃこりゃ~~~~~ { こんなウマイもんが存在するのかッ

お腹いっぱいだったはずなのに、そんなんカンケーねぇってノリで、もう一切れ食べたいんですけどぉ { いろんな意味でヤバイ

(外) : 「・・・・・・・いいよ。今日だけ特別ね」

やったーーーーーーって、アレ

外人も食べるの { そんなに食べて、大丈夫?!

(外) : 「うぅ・・・・・・・、やめておくべきだった orz...」







~祝って~

サルのお誕生日の25日の昼下がり

猫の皆さまにもお祝いしてもらお~っと { まずはチビッこいのから

ねぇねぇ、今日、サルのお誕生日よ~

16 - 2 - 25 - 1

全く見向きもされない・・・・・ { ひたすら紐かじってる

ま、妹にゃんはまだ一回目のお誕生日も迎えてないし、何がなんだかわかってないもの、ムリも無いわね~

気を取り直して、サルのファンのこの方に祝ってもらいましょ

お~い、ネコ さ~~~ん { ドコ行った?!

16 - 2 - 25 - 2

ゲッ にらまれた

えぇ~~~ん、コワいよぅ { お誕生日、お祝いしてもらおうと思っただけなのにぃ・・・


{ んなコトで日向ぼっこのジャマしニャいでよ



<格付け第5級> ←クラシカルポイヤック♪

シャトー・オー・バージュ・リベラル [2004] AOC・ポイヤック メドック格付第5級 Chateau Haut Bages Liberal [2004] AOC Pauillac 【赤 ワイン】






<ウォッシュタイプ> ←バランスが良くて美味♪

★即納★【COSTCO】コストコ通販【Le Pie Angloys】ピエダングロア チーズ 200g(要冷蔵)



【 2016/02/28 (Sun) 】 猫と飯(コース) | Comment(10)

出張お誕生日パーティ





昨日は、出張外人に行ってたシェフ外人とお手伝いサル (←妨害?!)

サル・外人が到着すると、迎えてくれたご訪問先の猫ちゃんです

15 - 6 - 28 - 9

迫力の目力の猫ちゃんですが、とっても優しいコで、サルの足元をスリスリしながら、ゴ~ロゴロ

しかも、「タッチ」 って言って手の平を向けると、立ち上がって頭を擦り付けてくるの~ { なんて、お利口さん

サルにもやってくれた~~~ { きゃっわいぃ~


さて、本日の外人の舞台はコチラ

15 - 6 - 28 - 00

おっしゃれ~にセッティングされたテーブルには、大人9名、お子ちゃま1名がお集まりいただきま~す

今回は、こちらのお宅のご夫婦のお誕生会ということで、ご友人ご夫妻方を呼んでパーティなのだそう

では、外人セレクトワインのラインナップ

15 - 6 - 28 - 0
左から順に
サイフリード オールド コーチ ロード 2014

ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブラン

柑橘と青草のような香りをもったフルーティなニューワールド

グァバ、シトラスの爽快フィニッシュ


アンセルモ・メンデス・ビーニョス ムロス・アンティゴス 2014

ポルトガルの葡萄・ロウレイロ 100%のヴィーニョ・ヴェルデ

白い花の香りに豊かなミネラル感、最後はちょいソルティフィニッシュ。

ドライで繊細なパレットのニュアンスワインで、サルもじっくり飲んでみたい1本  ←ドライバーにつき、自粛

トイスナー・リプキー 2013

オーストラリアはバロッサ・ヴァレーのシラーズ

ベリー系の芳醇な薫りのフルーティでスパイシーフィニッシュなミディアムプラス

リーズナブルな割りに、なかなかのハイクオリティ

ピニョル ヌエストラ・セニョーラ・ポルタル 2011

スペイン・カタルーニャのブレンド

タンニン豊富なミディアムボディは、オープンアップに時間がかかるためデキャンタして3時間

外人いわく、3~5年保存の熟成ポテンシャルの高いワインだそう




さぁ、ワインのご紹介が済んだところで、お誕生日スペシャルコースのスタートです

まず、乾杯に合わせて出てきたのがコチラの前菜。

15 - 6 - 28 - 2
自家製スモークサーモン

なんと風味が豊かッ

熟成された旨みと、スモーキーな風味は、間違いなくワインに好相性ですよ

そして、今回のパンは、コレ

15 - 6 - 28 - 1
オニオンパン

しっとりふんわり焼きあがったパンには、あめ色した甘~い玉ねぎが練りこまれてるの

(会場) : 「玉ねぎの優しい甘さがとっても美味しいわ~

コチラと一緒にどうぞ

15 - 6 - 28 - 3
自家製ツナと夏野菜のカポナータ

2日前に母ちゃんから大量の夏野菜が送られてきたと思ったら、昨日はサルのご訪問先でもお野菜どっさりいただきまして、我が家はただいま、絶賛野菜祭り~~~

たっぷりの夏野菜を美味しくいただくには、やっぱりコレ

(会場) : 「すごい 赤ちゃんもパックパク食べてるよ~~~

旬のお野菜たっぷりで、優しい風味にその上体にも優しいし、赤ちゃんも沢山食べてね { 気に入ってもらえてよかった~

前菜は、まだまだ続きますよ~

15 - 6 - 28 - 4
エビのグリル レモンバジル風味

みんな大好きエビ さんは、見る間に完食ーーー

ココまで、マッチングに歓声があがるほど白ワインとのマリアージュも完璧です

さて、盛り上がってきたところでプリミ・ピァッティ第一弾

15 - 6 - 28 - 5
パンチェッタとカボチャのリゾット

今回の会のホストでもあり、お誕生日の主役でもある、奥様の好物・外人のリゾット { おめでとうの気持ちも込めてメニュー入り

仕上げに、削りたてパルメジャーノチーズをかけて召し上がれ

若干芯の残った絶妙アルデンテに、カボチャの甘みとパンチェッタの塩気がお互いをひきたてあってる

やっぱり、外人のリゾットは格別

そしてそして、プリミ・ピァッティ第二弾

15 - 6 - 28 - 6
サルシッチャのアラビアータ

(会場) : 「キャーーーーー、大好き

イタリア料理大好きなご友人夫妻、大興奮

イタリアンソーセージと共に、ちょっとピリ辛に仕上げたスパゲッティ

辛いのが苦手といってたホストマダムも、「はじめ、辛いって思ったケド、ふた口目から平気になったわ~」 って

さぁ、いよいよクライマックス、メインのセコンディ

15 - 6 - 28 - 7
牛ハラミの蜂蜜&ディジョンマスタードロースト

最後は、シラーズに合わせたビーーーーフ

ジューシーな牛ハラミの香りだけでも、シラーズの香りとまみれて、その相性のよさがうかがえるよ

イエス、ベストマッチ

牛の脂が優雅に広がり、シラーズの重厚感と見事なハーモニーを奏でる

これぞ、外人のマジックマリアージュ

さぁ、お楽しみいただいた、スペシャルディナーも残すところ、デザートのみとなりましたよ~

15 - 6 - 28 - 8
外人特製アイスクリーム ミックスベリーのソース

最後は、さっぱりベリーソースのアイスクリームです

(会場) : 「・・・・・・・アレ ひょっとして、これも手作りなの

さようにございま~す { 外人アイスクリームだよ

濃厚なアイスクリームに、さっぱりベリーソースが丁度イイ

先ほどから、満腹を訴えていたマダムも、結局ぜ~んぶ完食 { キレイさっぱり

そうです、外人のお料理は、どんなに満腹でも食べずにおれんのですぅぅぅぅぅ  ←生き証人、サル

今回も華麗なお料理とワインで皆様を大満足させ、無事、ミッション遂行した外人なのでありました { お疲れ様~


{ 出番ナシ・・・・・ニャ



[ワインラインナップ・飲んだ順♪]

<ニュージーランド・白> ←フルーティで爽やか♪

サイフリード オールド コーチ ロード ソーヴィニヨンブラン[2014] Seifried Old Coach Road Sauvignon Blanc[2014]





<ポルトガル・白> ←繊細♪

■アンセルモ・メンデス・ビーニョス ムロス・アンティゴス ロウレイロ[2014](750ml)白 Anselmo Mendes Vinhos, Lda. Muros Antigos Loureiro[2014]【出荷:7~10日後】





<スペイン・赤> ←デキャンタしてね♪

■ピニョル ヌエストラ・セニョーラ・ポルタル 赤[2011](750ml)赤 Celler Pinol Nuestra Senora Portal Tinto[2011]【出荷:7~10日後】





<オーストラリア・赤> ←お値打ち優秀シラーズ♪

■トイスナー・リプキー・シラーズ S[2013](750ml)赤 Teusner Riebke Shiraz S[2013]【出荷:7~10日後】



【 2015/06/28 (Sun) 】 猫と飯(コース) | Comment(6)
Profile

kipizarugaijin

Author:kipizarugaijin
可愛い三毛猫に癒され、腕利き外国人シェフに飯を作ってもらう、夢の棚ボタ生活を送っている、何もしないことが大好きな日本猿です。
異種三匹(2015年9月より+1匹)がひとつ屋根の下で暮らす生態日記。

Visit our YouTube!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。